注目の投稿

ネパールのカースト制度

この記事では、ネパールのカースト制度についてその仕組みから歴史、現状までの経緯を徹底的に解説していきます。ネパールでカースト制度が廃止されたのは1962年ですが、半世紀以上経った今も色濃くカースト意識が残っています。

アーリア人の容姿「ある美人顔」が多い国・地域ランキング上位

私はアーリア人美人に見られる「ある顔」がたまらなく美しく思える。ある顔とは、鳥のような顔のことだ。と言ってもハッキリと分からないと思うので、造形を実際に、大袈裟に描いてみたのが上の画像だ。まさにこういった顔。アーリア人にはこういった顔の美女が時々いる。大きくても決して横広ではない垂れるように伸びた尖った鼻と、瞳の彫りの深さが特徴的だ。
こちらの記事もあわせてどうぞ:

アーリア的「鳥顔」系美人保有国トップ8

美しき鳥顔国 宗教 特性
インド美人 ヒンドゥー アーリア
ネパール ヒンドゥー アーリア
イラン イスラム アーリア
パキスタン イスラム アーリア
タジキスタン イスラム アーリア
レバノン イスラム アラブ
サウジアラビア イスラム アラブ
シリア イスラム アラブ
こういった顔が比較的多い国々はこのようになる。これらはアーリア系や中東系の美人に多い。鳥顔はアーリア系や中東系の美人の特徴、と言えるかもしれない。このうち、ネパールはモンゴロイドが4割ぐらいるし、アーリアグループもいくつも枝分かれしていて、『鳥顔』ばかりではないが、カースト制度という血統主義によってカーストによってはその輪郭はハッキリと残っている

アーリア人美人保有国

上記リストのうち朱色部分の上から5か国は、彼らが同一か同一でないかはおいておいて、先史時代からいずれも自らをアーリア人と呼んできた人々である。ナチスなど西洋がアーリアを提唱するようになったのはそれに比べるとごく最近の話で、そもそも前述のアーリア人を西洋が「発見」し、インスピレートを得てからのことである。さて、表のアーリア系5か国はさらにヒンドゥー教イスラム教2つに大別できる。ヒンドゥーアーリアとイスラムアーリアだ。ヒンドゥーアーリアはカースト制度で人種を分断し血統主義を掲げていたのに対し、イスラムアーリアはイスラム教で万民を均一に平等化することを理想に掲げていた。

アーリア人女性は伊達じゃない


画像は重たい丸太を運ぶネパールのバフン族の十代女性。日本人は外国人美女と言えば西洋人を信仰しているが、古風なアーリア女性達には諸外国にはない魅力がある。しかも彼女たちは厳格な家庭でたくましく育っているため、とても良い。また、インドやネパールで私が実際に見てきたこととして、アーリア美人達は子供の面倒見が本当に大変良い。真面目な男性は美しきアーリア人女性と結婚するとかなり相性が良いのではないだろうかと思ったりする。

中東系アラブ人美人保有国

中東は太古の昔から大陸間を移動する民族たちの交差点として色んな美人を産んでいる。大きな鼻が特徴的だが、顔の系統はアフリカ的なものからヨーロッパ的なもの、アラブ的なものまで実はいろいろいる。イスラムの被り物で頭を覆っているため顔を見ることは少ないが、実はとてつもない美貌が隠されている。 ともかく、上記の国々やそれに似た美人達は、しっかりした雰囲気漂う立派な顔つきで、日本のカワイイ〜とは根本的に違い、大人な輪郭。そんな顔を最も際立たせるのは黒髪である。そして最も重要な要素、彼女達を何よりも魅力的にしているのは、タフさと真面目さ、そして独自の文化に生きる姿勢だ。名誉を重んじるアーリアらしい凛とした性格の女性が多い。

ちなみにラテン系も上記の国々と似たような顔が多いが、やはり見た目の濃い要素が少し違うし、文化的には大きな違いがある。

アーリア人美人・中東アラブ人美人の鳥顔美人各国を美人画像でディスクライブ

では、上述した鳥顔美人の国々をそれぞれ順番にディスクライブしてゆこう。

インドアーリア系美人

インドは広すぎ、人種も多様だが、アーリア系の美人は北インドに多い。特にパンジャブはそのへん美女だらけ。異人種過ぎて美人とかブスとかいう感覚が起きないのもある。全て、ことごとくがエキゾチックなヒンドゥ美人だ。
また、インド映画の拠点ボリウッドがあるムンバイや首都デリーなどの大都市圏では人々の生活様式の変化で着衣の趣向も変化してきており、そういったところでは新型のインド美人を見ることもできる。もとから美しいその容姿が、伝統的な美女と、そして現代風の美女と、どちらも究極のビューティフルレベルを誇っている。

アーリア系ネパール美人

ネパールはフラットな顔のモンゴロイドが多いが、アーリア人種もいる。顔立ちがはっきりと別れている。インド同様、カースト制度により人種の混ざり合いが抑制されてきたためだ。アーリア系のバフン族などには2度、3度、4度と、何回でも見入ってしまうような凄まじく艶やかな美女もいる。
また、田舎のほうの村々ではそういった凄まじい美女が土と汗に汚れながらせっせと野良仕事をしていて、その美貌とその逞しさに圧倒される。一般ピープルの画像をベタベタ貼るわけにもいかないので、お見せできないのが残念である。 ちなみにネパールのモンゴロイド美人はこんな感じ:

イラン人美人

言わずと知れた美人大国。彼らはアラブ人ではない。ペルシャ人である。ヒジャブ(スカーフ)を巻いた美人をテレビ映像で見たことがある人もいるだろう。彫りが深いため、スカーフで頭を巻いても顔がのぺっとしておらず、非常にさまになってよく似合っている。また、ただの美人ではなく、威光を誇る歴史大国の末裔だ。単独旅行・滞在が容易でなさそうなためと、インドを見ている真っ最中で結局行かなかったが、いつもとても興味を惹かれる国である。イランは実は他人種国家である。土着の天然の金髪もイラン北西部に分布している。

パキスタン人美人

おそらくアーリアなら世界一美しいのはパキスタンだ。治安状況が不明で行かなかったが、もし行っていたら私はパキスタンの女性と結婚していたかも知れない。パキスタンと言えば女性の教育の大切さを訴えたマララ・ユスフザイさんが銃撃された衝撃的なニュースを知ってる人もいるだろう。パキスタンの友好国である中国人も誘拐され殺害されたりしている(2017年)。2016年には日本人がホテルで殺害されていた事件を覚えている人もいるだろう。テロや名誉殺人など原理主義が色濃く、容易に近づける感じではない。

タジキスタン人美人

アーリア系のなかでも冒頭で示した顔のような美人はこのタジキスタンとそしてタジキスタンと隣接するジャンムー・カシミールを含めた一帯に多い気がする。

レバノン人美人

欧米では世遊びの後の空腹を満たすためにケバブを食べる。ナイトライフが盛んな街の一角には必ずレバノン系のケバブ屋がある。ネパール(カトマンズとポカラ)にさえケバブ屋があるほどだ。ローティに肉汁の薫る牛肉をのせ、ヨーグルトとチリのミックスしたソースをたらし、野菜と共に巻いて食す。

サウジアラビア人美人

イスラム圏の中心的位置にあり、アラブの誇りと、そしてイスラムの教義をしっかり守ったこのサウジアラビアは、世界中の石油産業を支えている国でもある。サウジアラビアの女性は宗教的に頭から被りものをしていて顔は見えないが、実はとても豪華で美しい顔をしている。異性との交際や道徳に関して堅く、結婚すれば夫婦の絆は大変強いという。ただし、イスラム教の信仰が強い国々では婚前交渉が認められていないケースが多く、また結婚もムスリム同士であることが一般的である。

シリア人美人

西洋と中近東の交差点であるこの一帯は太古から栄えていた地域でもある。そんなこの地域の女性は非常に神妙な面持ちの美女が多く、青とも緑色とも灰色とも付かない、なんとも美しい瞳の色。治安状況が良かったなら、私は必ず行っていただろう。シリアは内戦で難民を多く出し、情勢が緊迫している。秩序ある平穏な日常が戻ることを祈るばかりだ。

アーリア人美人・中東アラブ人美人の鳥顔美人こそ世界一美しく魅力的な女性達

アーリア美人・中東美人の鳥顔美人の特徴

  • アーリア美人やアラブ美人は中東から南アジアにかけて多い
  • アーリア美人やアラブ美人は彫りが人類で最も深い
  • アーリア美人やアラブ美人は顎の輪郭がトライアングルである
  • アーリア美人やアラブ美人は鼻根が高い
ご覧の通り、アーリア美人・中東美人の鳥顔美人は世界一美しい。しかも彼女達の生息地域は限られている。しかもそれら鳥顔美人圏の国々の女性は美しいだけでなく、非常に生活態度が良い。見た目などいちいちいじり散らかさない。まして整形美人などいない。もともとの顔なのだ。しかも、韓国の整形美人などを見ても分かるように、整形の潮流はアーリアのもともとの顔を美とし標榜している。そう、彼女たちこそが、世界に共通する美の基準なのである。以上、アーリア美人・中東美人の鳥顔美人が如何に美しいか礼賛する内容でした。
こちらの記事もあわせてどうぞ: