インド美人はなぜ綺麗?インド人女性が美女な理由と魅力

インド美人
インド、このヒンズー教地帯の女性達のゴージャスさは目を見張るものがある。なぜあれほどインドの女性は美人なのか?諸外国にはない魅力、非常に味のある美女が多くいる。しかも日本や韓国とは対照的で、インド人美人には整形美人というものがほとんどいないのだ。男を無条件に降伏させるインド人の美女。カースト意識さえ彼女達は無効化させるパワーりょくを持つ。
インド美人
彼女達と比べると、他の国の女性は外見的に何かが物足りなく見える。逆説的に、インド美人の彼女たちはすべての要素を満した状態であることに気づく。インド人美人は言わば「究極」の状態である。一体何が彼女達をこうにまで魅力的にしているのか。究極へと完成させる要素とはなんなのか?以下、その魅力を徹底的に解説してゆく。
インド美人

インド人女性の美しさ加減~究極の美女を完成させる魅力とは?~

小麦色の褐色肌

インド美人
時にインド人女性のチョコレートミルク色に日焼けした肌は凄まじくホットな魅力となっている。日本人には白人=キレイという先入観がある、インド人女性の日焼けを見るその日までは。日焼けとはインド・アーリア系のためにあるのか?と思わせる小麦色の日焼け肌は実に美しい。褐色のインドアーリア美人には色白を美の基準としてきた価値観にカタストロフィを誘発させる圧倒的な魅力がある。実際、西洋人など肌の色にコンプレックスの無い人々は日焼けした小麦色の肌を魅力的に見ている。
インド美人
褐色肌のラテン系美人なども世界的には定番の人気な容姿の一つである。そのため西洋ではモデルや女優、セレブ、金持ちはこぞって肌をこんがり焼きたがるぐらいだ。褐色肌は颯爽としたカッコ良さが加味される。野性味とかそういった本能的なところをつく魅力の一つである。またブラウンスキンはホットに見えるだけでなく、その色によって彫りの深いインドアーリア美人の顔の影が強調され、その美しき輪郭がより一層ハッキリくっきりとする。彫りの深い顔立ちとブラウンスキンの組み合わせはまさに、彫り深い好きをうならせるコラボレーションなのだ。

長く柔らかい緑の黒髪

インド美人
究極の色ブラック。至高でもっとも優美、何色にも混ざらず、何色とでも合う色、黒。黒こそ美しい顔をもっとも引き立たせる虚飾を許さない色なのだ。美女こそ黒髪でなければならない。そしてアーリア人女性は毛髪の色が天然で黒、私はインドアーリア人女性の黒髪に限定しこれをヒンドゥスターニ・スペシャル・ブラック・プレミアムと呼んでいる。
インド美人

髪質はふわふわで量がとにかく多い

インド人女性の髪は大変細い。細い髪がびっしりと生えそろっている。そのため量は多いが実際に触るとガシガシしておらず、とても女性的でふわふわとした柔らかい感触。雰囲気も柔らかく感触も柔らかいとても女性的な髪質なのだ。だからインド人女性の髪はちくちくしないし、インド大陸の風になびいて雰囲気が増す。
インド美人

髪は長いのが美人の条件

インドでは女性は髪の毛を伸ばす。ほとんど切ることはない。ショートヘアーの女性はほとんど見ることはない。それは、長い髪は女性にこそ美しく見えることを知っているからだ。また、長い髪は古典的な女性像の象徴でもあり、女性の地位向上意識の高いインド人女性は、同時に女性としての美しさも見失わない賢さを備えている。更に彼女たちはむやみやたらと毎日洗髪するようなこともしないため、しっとりとしたその髪はまさに烏の濡れ羽色が如く艶々とし美しく輝いて見える。

目元の美しさは毛深さが秘訣

インド美人
ギラギラとまぶしいアーリア人の日焼けた美女の眼差しの熱さは目元の毛深さでキマる。毛髪の濃さもアーリア人の特徴と言えるだろう。眉毛の優美なシェープはアーリア美人が一番似合う。インド人女性たちの筆で描いたようなくっきり眉。実は彼女たち、毛抜きとかしなくても元から眉の形が整っている。美しい眉のシェープをメイクでつくる必要がないというか、そう、お化粧を使ったメイクアップは実は彼女たちの眉をお手本にしているのだ。
インド美人
諸外国の人々がメイクで眉毛の形をつくる間、こちらではもとからそのシェープなのだ。彼女たちの美貌こそ、世界が標榜する美の見本なのだ。更にさらに、まつ毛の密度も高くしかも長い。ぱっちりと開かれたお目目を飾るようにまつ毛が綺麗にカールしていて、付けまつ毛を必要としないのだ。というか、付けまつ毛はまさに、このインドアーリア系美人の目元をコピーするために生まれた商品なのだ。つまり、彼女たちの天然のまつ毛のあり方は、そのままでメイクのお手本になっている。

瞳が大きく蒙古ひだはゼロ

インド美人
彼女たちのお目目はとにかく大きい。しかも暖色系の色。熱いまなざしはまさにその大きな瞳と暖色系の目の色でなくてはならない。さらに、彼女たちの瞳は熱く可愛いく美しいだけではない。彼女たちの瞳は時に邪悪なほど鋭くも見える。鋭く美しいストイックな眼差しと線の細さがかもすインド人女性の顔面の凄味は魅力の塊である。窪んだ輪郭は白人の彫りの深さを超越している。
インド美人
その深い彫りに据えられた太い瞳は愛らしくも鋭い。強さと美しさを兼ねる。日本人は彫りの深さにあこがれるが、彫りの深さはインドアーリアが本家なのだ。アーリアの女の子のお目目は可愛いだけではなくキレイなのだ。可愛く綺麗なだけでもなく、さらに、邪悪なテイストも持つ天然の小悪魔ルックといえよう。そう、日本で流行った小悪魔ルックはなんとヒンズーの女性たちの模造だった。ここでもまた、アーリア人が見本になっていたのだ。

インド美人の鼻の形のキレイさ 高くそびえるアーリア鼻の気品は整形の見本

インド美人
インド人美人たちの鼻は尖っている。額から鼻が伸びている。目と目の間の部位が低くなく、額から鼻が伸びている。スっと通った鼻。そこからギュンっとスキー台がジャンプするように鼻先へと尖る。よく誤表現をされているが、鼻がでかいのではない。鼻が高いのだ。日本人が崇拝する美の象徴「ヨーロッパ系白人」の鼻と、アーリア人の鼻をよく見比べてみてほしい。
インド美人
アーリア人の鼻のほうが綺麗なのだ。ヨーロピアンはなんか鼻の頭がボテっとしている。鼻のピアスはまさに、そんな格好良い鼻にそえられることではじめて風格が出る。べちゃ鼻ではかえって醜くなるという対照的な効果を持つ。まさに鼻ピはアーリア人の特権なのだ。

インド人女性の服がまた良い。ファッションは極彩色でアーリア美人に最適化

インド美人
とにかく彼女たちはカラフルだ色使いが濃いのだ。下品と言われかねない色使いさえ、彼女たちが着こなせばあら不思議、なんとも至福に満ちた幸せそうな色に映る。真っ赤な上下、真紫と対照カラーの組み合わせ、全身青、などなど、日本的感覚で言うところの『奇抜』は、彼女たちだからこそそれができるし、活き活きした彼女たちにはむしろよく似合う。
インド美人

クルタ・スルワルとかいう前代未聞に可愛いインドのお洋服

極め付けがクルタ・スルワルだ。クルタはトップス、スルワルはパンツなのだが、インド美人に合わせて非常に華やかなデザインになっている。インド美人に合う服、ふさわしい服がこの世になかったために生まれた服なのかもしれない。

インド美人の着物姿は日本一美しい

インド美人
インドアーリアは何を着ても似合うというのは、世界の服に対していえることで、例えば着物も。着物はやはり日本人が着ないとしっくりこないような言い方を聞くことがある。あれは違う。日本人でもサマになって見えるに過ぎない。そう、着物もやはりアーリア人が着ると一番格好いい。
インド美人
あのこれでもかと作りこまれたアーリア人の顔と、ボディラインを極限まで隠す日本の着物の対比によって、双方が最大限に引き立てられるからだ。着物を美しく見せる最後の要素が着る人であるならば、アーリアの美人こそ着物を完成させる最後の要素であると表現できよう。日本の着物も黒髪のアーリア人が着ることで初めてその美しさをフルに発揮することは、日本人としてしかと覚えておかねばなるまい

細くまっすぐとしたスタイルの良さ

インド美人
とにかくスタイルが良い。節々のめりはりがあるし、体が非常にまっすぐしている。背中から腰にかけてが締まっていて細く、非常にしなやかなスタイルだ。骨格が細いが、筋肉はよくついていて健康に問題はない。問題ないどころか、諸外国の女性よりも力仕事をこなすパワーがある。また、山道であろうがでこぼこ道であろうが、ぬかるんだ道であろうが、とにかく歩くのが上手い。
インド美人
ひょっとすると彼女たちの脚のラインのキレイさは、舗装されていない道を歩くことで鍛え上げられているのではないだろうかとさえ思えてくるほど無駄肉がなく独特のキレイなラインだ。特徴としては、太ももや臀筋はしっかりしているが、ふくらはぎなど膝からしたは実にシャープ。あたかも野生動物の脚が如く。

インド美人は性格が濃く人情が強い

インド美人
ヒンズーの女子たちは容姿だけではない。とにかく性格が濃い。もうほんとに家庭的で温かみがあり、素直である。人前でクールぶるようなことはなく、非常にシャイで人間らしさがある。恋愛面でもものすごく一途である。誰にも言えない好きな気持ちをかかえ、どうしようもなく思い詰めて自殺することもあるほど。カーストという熾烈な差別社会があっても、昔から身分を超えた婚姻が後を絶たなかったのは、彼女たちにはパッション(情熱)とマーシー(慈愛)があるからだ。

彼女たちの言葉は明るく愉快なイントネーション

インド美人
インド美人の言葉を聞いていると愉快な気持ちになる。イントネーションに人間味があって良い。歯切れが良くて、開放的。土臭く、力強く、自由で、奔放。かえってそのほうが堂々たる王者の風格を持って聞こえる。そう、王者は見栄を張る必要がない。だいたい言語のリズムの取り方・音律も多言語より長い周期でパターン化されていて奥深い。

インド美人は料理上手。美味なるカレーはアーリア人女性のセンスの良さ

インド美人
ヒンズー美人の作るご飯はとにかく美味い。塩辛いのではない。ふんだんな使われたスパイスにより低塩分でも味わい深い。彼女たちはスパイスの使い方を心得ているのだ。人間は美味い飯が好き。結局最後は美味い飯のある家に帰るというのなら、彼女たちのもとへ旦那たちは帰って行って当然である。そう言っているうちにすでにカレーが食べたくなってきたぞ。

歴史に裏付けられたインド美人の風格

インド美人
歴史の濃さ 日本の教科書でも習うインダス文明の主人公アーリア人。インド・アーリア人の歴史は長い。インダス文明アーリア五千年の歴史を誇る。そう、彼女たちはただ美しいだけなのではない。輝かしい民族の末裔である。

濃さを追求する濃さ。嗚呼インド・アーリアよ、果てしなく濃く

インド美人
そしてこれが最も大事。彼女たちは自らの見た目を恥じない。自分とは違う何かになろうとすることはない。濃いのに、薄いメイクや薄いファッションで別の何かを演出することはない。彼女たちは濃いさをさらに強調し、どぎつい濃厚なファッションを追求する。堂々と濃く、堂々と感情表現ができる自信と愛らしさを持つ。ゆえに彼女たちは美の見本であり続ける。

見た目は派手だが貞操観念は固い

インド美人
濃いど派手なヒンディガールズだが、きわめて純情。結婚するまで処女が当たり前。彼女たちのファッションは肌を露出させない。しかも、彼女たちが身につける腕輪や額の赤い点や首輪など装飾品一つ一つにも意味があるまさに文化的ビューティーなのだ。見た目も思考も伝統的な最上級の美女である。

インド人女性の顔の最大の特徴

インド美人
インドアーリアは特にお顔が短い。頭のてっぺんから顎までの距離が短いのだ。これが決定的に彼女たちをその他の国々の美女と別物にしている。ほんとに見ていて美しい女性的な綺麗な輪郭は、小さく短く収まった顎の輪郭が重要。

ご飯を素手で食べそれが即絵になる美しさ

インド美人
彼女たちが日焼けした小麦色の手でご飯を握って食べる姿は最高に美しい。ご飯を手で食べるという異様なはずの動作がこんなにも物静かで滑らかで美しいものなのかと感動するだろう。手で食べるというのはまさにインド人美人のためにあるのか?そう思ってしまうこともあるかもしれない。だけど手で食べることは単に美人をより魅力的にさせるだけでなく、手の塩で食べものがより美味しくなるし、手の菌が食べ物の発酵を促進させると同時に、免疫力の向上、口に入れる食べ物の適度な温度を感知でき、体に良いという効果もあるのだ。
インド美人
だいたい箸とかフォーク、スプーンがあるこのご時勢にいたっても、それらをいっさい使ってこなかったその一途さはもっと評価されるべきだ。さらに、食べ物は手で食べるが、トイレは手で糞を洗い流す。つまり世界最古のウォシュレット。数千年前にすでにヒンドゥ文化は最先端をいっているのだ。進化と旧式が同時に並存する自らのライフスタイル、宗教的、文化的な教えを守り抜いてきた人々なのだ。

インド美人はタフで颯爽とした男前

インド美人
インド・アーリア系があぜ道を歩く姿には風格すら感じる。我が道を行くまさに王者のメンタル。前をキッと見つめ、草刈りに出かけるアーリア人女性のあの勇姿。ナタとロープをかけた肩で風を切って活発に闊歩するヒンズー美人。仲間とぺちゃくちゃ喋りながらヅカヅカとあぜ道を行く。そう、その姿はまさに野鳥。あれは鳥だ。さえずり回る美しい鳥。非常に格調高い

インド人女性の美人の基準は理にかなっていて優秀

インド美人
インドの女性はふっくらとしている。そう、人間たるもの健康体でなくてはならんのだ。機能性はすなわち美しさである。生存力を感じさせる姿はすなわちセクシーさである。スタイルが良いというのは、単に痩せているということではなく、ナイスでフィットな肉体を保持するということ。インドの女性は骨の線が細い。だからふくよかでもスリムというルックスを確立できる。彼女達は自分のボディをしっかりと理解し、客観的に美の基準を定めた。すなわち、あえてふっくらとするという選択。この優秀さと、美しさをかねるアーリア系インド人女性はまさに至高の存在なのだ。

究極の美女を構成する最後の要素

インド美人
結論。インドアーリア女性にはあって、それ以外の諸外国の女性に決定的に欠如しているもの、それは「濃厚さ・どぎつさ」である。「濃厚さ・どぎつさ」これらも欠かすことのできない一つの要素なのだ。上品さ、愛嬌、清潔さ、センスの良さ、性格の良さが美人を構成する要素であるように、「濃厚さ・どぎつさ」も美人を構成する要素である。これが諸外国に欠けた最後の要素である。
インド美人
例えば上品というのはつまり、下品さに欠けるということだ。下品さも一つの要素である。或いは、例えば薄いというのは、濃さに欠けるということ。どちらか一つを選ぶ必要はない。どちらか一つにするから片方が悪いように見える。そうではない。全部良いのだ。アーリア美人の前では。どちらも併せ持っていいし、持つことですべての要素を満たした究極が完成する。欠けて良いものなど無いということになる。例えば、ナンプラーの効いたグリーンカレーは美味い。グリーンカレーはあのナンプラーの腐った魚の味が入ってこそ完成する。
インド美人
このように、濃厚さやどぎつさも一つの要素であり、すべてを揃えたテイストを完成させる欠かすことのできない要素なのだ。「濃厚さ・どぎつさ」を備えている。これこそがその他の世界の美人に不足しがちな魅力である。