注目の投稿

ネパールはどんな国?

ネパールのナイトライフの実態

nightlife in nepal
誤解のないように最初に言っておくが、ネパールの女性達は目鼻立ちが整い派手に見えるが、貧しい者も富める者も貞操観念がしっかりしている。親に決められた結婚をするまで処女を貫き通す女性は沢山いる。結婚するまで肉体関係をもたないことは当たり前なのだ。以下の内容は少数のことである。少数も1箇所に集まると多数に見えるに過ぎない。売買春はネパールで違法だ。これから書くことは、私がネパールにこれまで住んできた間に人々から聞いたことだ。
こちらの記事もあわせてどうぞ:

風俗店の有無 ネパールにて

ここでいう風俗とは風俗店、いわゆる性産業(セックスインダストリー)のこと。 日本においても性病など色々怖く感じる私は利用しないが、観光にきている人と話すとネパールの性産業はどうなっているのかという漠然とした疑問を聞くことがある。ここはヒンズー教の国ネパール。スカートを履いている女性はいないし、カップルさえ繁華街にもいない。でも夜の飲み屋やセクシーなダンスバーは沢山あって夜遊びする男達で賑わっている。厳しい戒律があるようにも映らず不思議に思えるのは当然だ。

結論から言うと性風俗の店はネパールにもある。しかしインドやオランダのように置屋が並ぶ赤線地帯(「レッドライト地区」)はない。犯罪だからだ。
ネパールでジキジキと言う言葉を聞いたことがある人も多いだろう。性行為を意味する隠語だ。今は潰えたが、ポカラのバグルンバスパークなどは知名度があったようだ。
観光客の多いタメルにも、マッサージ屋と看板を出して実は性的サービスをしている店もあるし、入り組んだ建物の奥で商う店、個人で隠れてコールガールをやっているもの、単純に夜の街角に立っているなど、観光地に限らずネパールの都市部には必ずある。郊外や田舎にもあると聞く。ネパール人は風俗を朝から昼前までに利用するようだ。摘発を恐れてのことと、客が増え忙しくなる前であるためと言われている。私はネパール現地人と話していて、全く違う話のなかでそれを知った。例えば街を歩いていた時に、「最近あそこの一角で隠れた売春宿が捜査されて消えた」と聞いたことがある。数人の風俗嬢が勤務していたとか。ネパールでそんなことするのがいたのか!という驚きと、しかもこんな住宅街で!という驚きにショックを受けたものだ。他には普通に営業している食い物屋付近を通った時、あそこの女将はレジの守をしているが、昔隠れてコールガール(デリヘル嬢)をしていた。それを知った店主であり旦那は自殺したとサラッと言われたこともある。それも普通の小さな商店街だった。
根掘り葉掘り聞いて詮索するこのネパールの社会で、どういった交渉で秘密裏に行っていたのか不思議だ。 売春婦にはアーリア人もモンゴロイド(ネパールではモンゴリアンと呼ばれる。)も含むあらゆるカーストがいると言う。

夜の通りに佇むニューハーフ カトマンズ


カトマンズのスンダラにあるカトマンズモール付近やタメルの北にあるソラクテの交差点からバラジュへ抜ける通りでは夜七時以降になると、女装したニューハーフがいつもいる。カトマンズモール付近はバスの主要ストップ地点であるため大勢の老若男女が行き交うのだが、まさにその歩道で、ボディラインを強調した派手な衣服を身に着け、ずーっと立っている。見た目はバウンやチェトリのようなアーリア系の女性にしか見えないが、良く見ると男性である。たちんぼに限らず、女装は夜になると他エリアでもチラホラ見ることがある。数人で夜の町で女装を楽しんでいるグループも時々いる。街灯に照らされたその姿は美女と見間違うほどキレイな者までさまざまだ。

ヒジャダ 第3の性別とネパール

ところで、これは本題から逸れるがニューハーフの話のついでとして、ネパールやインド、ヒンドゥー圏にはヒジャダと呼ばれ昔からゲイとして生きる人々もいた。
ヒンズー文化のゲイの人々
ヒジャダの人々:彼らは売春とは関係ない

実はネパールは、パスポートなどに第3の性(トランスジェンダー)の表記を認めているほどだ。ヒンドゥーは独自性と多様性そのものは認めている。戒律は混同・混合を抑止してきただけだ。日中もゲイとして公然と歩く人を何人かみたことがある。こういった人々は今風のユニセックスなファッションではなく、髪を伸ばし、サリーなど古典的な女性の衣服を着用、通常は明らかにヒジャダというのが分かる風貌である。

複雑化する売春の手口

飲食店として食物を出しながら店員が売春しているケースもあるようだ。女性が入口付近に待機する店。席に座ると店員が二三人つき、食事をする。キャバクラやルームサロン(ホステス付きの個室クラブ)のような感じだろうか。しかし違うのは、客とホステスがテーブルで話すうちに互いが合意すると近くのホテルに行くらしい。勤務時間中に抜け出せるわけないから、レストランのオーナーも黙認しているということだろう。 勤勉で若い女学生も含まれると聞いたことがある。援助交際もあると聞く。

ポカラではバグルンバスパークが一斉摘発で潰えたあと、ネットワーク化した限定客相手のプライベートな売春が主流になっているという。

犯罪組織・人身売買が狙うネパールの貧困層

そもそもナイトライフは風俗業に限らない。夜の町で働く女性達には、真面目で我慢強く、平常なバーやパブなど売春とは関連しない場で働く人々が大勢いる。彼女達は、他の多くのネパール人達がそうであるように、昔ながらの伝統的な生活を続ける村々の出身だ。

しかし、中には貧困と束縛から逃れ村を飛び出してきた一人身の若い女達もいる。一昔前はそういった女を狙ってインドに売る犯罪が多かったようだ。世間をあまりにも知らなさすぎるネパールの女子を騙してインドに連れて行き、別の連中に引き渡す。ネパールの貧困層が標的にされていた。
実際にインドの赤線地帯で発見され、帰国を果たせたネパールの女性の話もあったようだ。 そういうこともあって、インドへの人身売買は今は余りにも知られすぎ、減少したとか聞くが実態はどうだろうか。
ネパール大地震の折りにも、人身売買があったと聞く。中国からの人身売買アクセスもあったと聞いたことがあるが、私には知りようがない。

美人が舞うダンスバー ネパールの夜

タメルを歩いただけでも一体いくつのダンスバーを目にすることか。外国ではダンスバーと言うとダンス好きのお客さんが集まって踊る場所をイメージするが、ネパールではその数は少ない。
ではネパールのダンスバーとはいったいどういったバーなのかというと、通常ネパールでは主に、民族舞踊を披露するバー、ステージでポップダンスを披露するバー、セクシーダンスバーの3種類だ。
民族舞踊を披露するバーは地方から出てきた女性たちがたくさん働いている。実は踊り子たちを席に呼ぶことができる。客は踊り子に熱狂し、頻繁に席に呼ぶ。基本的にセクシー路線はないが、熱心に電話番号を聞き出す男性たちと、アフターに何をしようとそれはもはや個々のプラバシーだろう。

ポップダンスかセクシーダンスを披露するバーは基本的に同じで、美人なお姉さんたちがたむろして待っている。客はそのお姉さん(コンパニオン)と共に席に着く。接客の女性や、ステージで踊っている女性をテーブルに呼んで話し込むことも可能だ。アーリア系の接客員女性が多い店と、モンゴロイド系の接客員女性が多い店とではっきりと分かれている。なかには相当な美人もいる。
こういった店はターメル、カランキ、レイクサイド、チプレドゥンガ、スンダラ、カトマンズナヤバスパークに集中している。

タメルでは外国風の客が踊るディスコクラブも少ないが幾つかある。そういったところでは男性客が女性客をナンパしていることもある。ナンパはネパールでは極めて異例な行為であり、それを許容する空間も異例である。

危険な病気・性病・感染症 in ネパール

ネパールにもHIV・AIDS(エイズ)がある。ネパール人は基本的に避妊をしないし、コンドームを使う概念はあまりない。代わりに女性が避妊薬を飲んだり避妊注射をするケースは夫婦間でも割りと一般的に行なわれている。避妊に対する考えはあっても、性病に対する危機感はあまりないようだ。性病だけでなく、肝炎含むその他感染症に対する警戒意識はさらさらなさそうだ。
番外編
美人編