南アジア美人女性11人【女優やモデルの絶世の美女たち】

投稿日:2018年6月22日 更新日:
南アジア人女性の美人

最新の南アジア女性たちの一種独特の綺麗さは驚嘆する域に到達しています。その美人軍団が世界からまだあまり脚光を浴びていないのは奇跡です。このオリジナリティ豊かな美人たちをさっそく見てみましょう。

南アジア美人女性たちの概要

南アジア人女性の美人

南アジアとはインド・パキスタン・ネパール・アフガニスタン・スリランカ・バングラデシュ・ブータンの総称で、ブータンを省けばこれらの国々はアーリア系が入ったという点で共通しています。しかもインドやネパールなどにおいてはカーストによって代々血統を守る傾向があったため、異様なほど固定された部族の顔立ちというものまである面白いところです。そして、そのインド・アーリアを基調とした顔のデザインは非常に整っており、目が美しく、口元の造形なども顎の輪郭にすっきりと収まっていて見ていて涼しいです。

南アジア美人Rashmi Desai

南アジア人女性の美人

『お人形のような顔』まさにそんな表現がぴったり来るこの可憐でふくよかな美人。もうこの時点で日本ならトップになり得るのではないでしょうか。

南アジア美人Parineeti Chopra

南アジア人女性の美人

姉はハリウッドで成功した美人女優プリヤンカチョプラさんで、それとはあまり顔は似ていませんが、この方もやはり美人ですね。姉妹って気づかないのではないでしょうか!インドアーリア系ってのは賢そうな顔に見えますね。

南アジア美人Ritu Kaur

南アジア人女性の美人

南アジアの美女たちには目力があると思います。そしてそれは厳しい冷たい目力ではなく、陽気さや元気良さを感じさせる目力であると勝手に思っています。

南アジア美人Himashi Khurana

南アジア人女性の美人

まさに異人種感が際立つパンジャブ美人そのものの顔立ちです。非常に神秘的です。

南アジア美人Muzna Masood Malik

南アジア人女性の美人

この造形はまさに南アジアならではのインド・アーリア系の魅力の一つですね。高くそびえる鼻と奥まった眼窩の対比は一つの造形美ですな!

南アジア美人Shruti Hassan

南アジア人女性の美人

実際にはどうなのか分かりませんが、南アジアの美女には何か"真面目そう"なイメージがあります。文化的な面や生活習慣どが顔立ちに影響するのでしょうか。

南アジア美人Seeta Qasemi

南アジア人女性の美人

アフガニスタン人の瞳を表現する言葉にアフガンアイと言うのがあります。瞳の色が虹色で何色とも言い難くそして綺麗なのでそう呼ばれるようになりました。

南アジア美人Ayeza Khan

南アジア人女性の美人

整いまくってますし、物凄い二重のラインと微笑みシェープの口元など、遺伝的に作りこまれた顔立ちで、何もしなくてもそのままで美しいという。

南アジア美人Anika Kabir

南アジア人女性の美人

こちらの美女もまたとても綺麗です。もともとの顔立ちが濃いので、濃い目のメイクも不自然さなくマッチしますね。

南アジア美人Pabitra Acharya

南アジア人女性の美人

ネパールにもアーリア系は残っていますが、ネパールのアーリア系はモデルになりたがらないためアーリア系モデル・女優が圧倒的に不足!それからモンゴロイドっぽく見せるメイクが好まれるているという異様な状態です。ネパールのアーリア美人たちを見るなら現地に行くしかありません。

南アジア美人Vinu Udani

南アジア人女性の美人

スリランカはドラビダ系が多いインド南部のさらに向こうの島ですが、実はアーリア系が到達していたことが認知されています。そのため実際こういった綺麗な女性も存在しています。御覧の通りめちゃくちゃチャーミングで可愛いですね。

南アジアに行っていつも思うことは、世界にはまだまだこれだけの美女がいて、しかも可愛いのにめちゃくちゃ真面目に生きてるってのが驚きです。南アジアと聞くととりあえず東南アジアのようなイメージがあるのではないでしょうか。しかし実際は人種の異なる国々で、文化的にもかなり保守的で東南アジアとは違います。異国情緒極まる美人を結構な頻度で見かけます。