今日のネパール美人13|ネワール族はやっぱり可愛い

ネパール美人ネワール族

ネワール族の物凄く可愛い女性です。額の上に赤い色がかすかに見えてますね?あれはシンドゥルと言って、髪の生え際から髪の中に上に赤い色をつけることで既婚を意味しています。つまりこの若い可愛い女性は結婚しています。ネパール人は若くて綺麗な女性が多いですが、ほとんどが既婚女性です。ネパール人女性は早くて16歳とかぐらいから結婚、17歳~19歳の間に結婚する人口が一定数かなりいます。それから20歳を一つの区切りで結婚するのも多く、23歳までにはほとんどが結婚してしまいます。遅くても25歳、独身最長でも27歳ぐらいまでです。ネパールに初めて行くと、おそらくめちゃくちゃ綺麗な女の子たちがわんさかいることに驚くと思いますが、ほとんど既婚です。

ネパール人女性の美人ネワール族

さてこの美女の顔立ちですが、なんか東アジア人みたいな、日本にもいそうな雰囲気でしたが、鼻はスッと伸びて高いですし、目もバッチリ二重にきまってました。口の輪郭もやはり外国語を喋る形状になっていますね。やっぱり東アジアにはこのような顔はいるようでいません。こういったソフトな印象の顔立ちはネパールでも少ないです。ネワール族にも少ないので大変珍しかったです。

ネパールにはアーリア顔、モンゴル顔、ドラビダ顔、パプア系みたいな顔、色々いますが、顔立ちだけでなく表情もネパールの女の子はみんなとても可愛い感じですね。素直でスレてない感じがあるので、話してて感じが良いですね。最近ネパールでは髪を染めることが流行っています。明るい栗色の髪の毛にしてましたが大変似合ってました。黒髪が多いのでそれだけで大変オシャレに見えました。