注目の投稿

ネパールのカースト制度・人種・苗字・階級・歴史をわかりやすく解説

ネパールでは苗字や人種で人の扱いを区別する制度が存在していました。一般的にカースト制度と呼ばれます。この記事では、ネパールのカースト制度の仕組み、歴史、現状まで徹底的に解説していきます。

今日のネパール美人画像 No. 1 タマン族

タマング族の女の子たち

ネパールにはアーリア美人だけでなく、モンゴロイドの美人もいる。化粧はあまりしていない。 カトマンズのファンパーク(ビルクティマンダブ)ではタマング族の祭ソナム・ロサール(Sonam Losar)があっていた。可愛いキレイな色とりどりの民族衣装を着てストリートを闊歩していた。これはオリジナルのタマングドレスではない。色んなモンゴロイド部族の寸法デザインとりいれた進化形。
大変可愛らしかった。
カルチャーを"骨董品"のように扱わず、どんどん変わっていくのもありだね。それができるのも、彼らが独自の文化に生き、民族衣装を"実用品"にしているから。継承し時代とともに改造してゆく。

タマングはたまに凄い美人がいる。だいたいそれは

中国人みたいな顔。性格は、けっこう気も強い。 てかネパールのモンゴロイド系女性達はみんな強い。

この他民族社会で一歩も引けを取りません。ふてぶてしさと連携力を習得しています。 ちなみにネパールで一番強いのはモンゴリアン・カースト(モンゴロイド)のおばちゃん達です。

通常、タマングなどのモンゴリアンカースト(モンゴロイド部族)は、若者たちの自由意思による付き合い(恋愛)や結婚に割りとリベラルだ。当然ヒンズーの身分など気にしていない。

カトマンズやポカラのナイトクラブで夜遅くまで遊んでいる女性は通常モンゴロイドが多い。
身分に対する考え方も希薄、というのもそもそもタマングはヒンズー教徒ではなく仏教徒だから。
宗教的にも、独自の文化的にも、ネパールのアーリア系とは全く異なり、同化することも追従することも対立することもない。

以下、ネパールの逞しきモンゴロイド達 群集化したタマング達が仕切りを破って侵入しようとすると、仕切りの向こう側から怒ったタマングが出てくるドッキリ映像