今日のネパール美人1:タマン族

ネパール美人の顔 タマン族女性3人

カトマンズではタマン族の祭ソナム・ロサール(Sonam Losar)があっていました。この女の子たちはその祭りに来ていたタマン族です。御覧の通りお化粧はあまりしません。ネパールにはアーリア美人だけでなく、モンゴロイドの美人もいます。皆可愛い綺麗な色とりどりの民族服を着て闊歩していました。

ネパール人女性たちの写真画像 タマン族の女性の顔

これはオリジナルの伝統的な服ではありません。色んなモンゴロイド部族の寸法デザインをとりいれた進化形のようです。アレンジしまくってますが、カルチャーを"骨董品"のように扱わず、どんどん変わっていくのもありですね。それができるのもタマン族が独自の文化に生きていて民族衣装を"実用品"にしているからでしょう。時代とともに手を加えていく。いつもアーリア系の女性って美しいなーって圧倒されますが、モンゴロイド系にも美女はいます。特にタマン族にはたまにもんの凄い美女がいます。だいたいそれは中国人やチベット人みたいな顔をシャープに立体的にしたような感じです。ネパールには実際タマン族と顔立ちが良く似たラマ族というのがありますが、そのラマ族はチベット系と認識されています。チベット美人記事もご覧ください。なので、ネパールのモンゴロイドはビルマ系などが入っているそうですが、ラマやそれに似たタマンはおそらくルーツが違うってことですよね。

タマン族の若い女性たちはとてもやさしいです。話せば彼らは文化的にネパールとはかなり違うのだということを更に実感します。通常、タマンなどのモンゴロイド部族は若者たちの自由恋愛・自由結婚を許しています。当然カーストなど気にしていません。というのもそもそもタマンはヒンズー教徒ではなく仏教徒だから。どうしてヒンズーが勝手に決めたことを気にしなければならないのか?といったどこ吹く風感があります。この狭いネパールでしがらみに囚われず自分たちの文化のなかで元気に生きている感じがします。

ところで、タマンの人たちは平和主義者な感じがありますが、モンゴロイド系が全員そういうわけではありません。他のネパールのモンゴロイド系女性達はみんな勢いがあります。他民族社会で一歩も引けを取りません。ふてぶてしさと連携力を習得しています。ネパールで一番強いのはモンゴリアン・カースト(モンゴロイド)のおばちゃん達ではなかろうかと最近思うのであります。