3C美人女性ランキングTOP10

3C美人

昔から特にバックパッカーの間で語られた伝説の『3C』。3CとはラテンアメリカのChile、Colombia、Costa Ricaの総称で、この3か国は特に美人が多いと言われいつしか国の文字をとって3Cと言われるようになりました。ですが、これらの国はバラバラな場所に位置しています。なので、中南米はどの国に行っても美人が多いから、単に頭文字が同じ国をとって適当にそれっぽく命名しただけなんじゃないの?と思われる方もいるでしょう。では実際に3Cの女性たちはどんな顔か、どんな美女なのか確認してみましょう。

3C美人アントニア・クリスタル

3C美人 アントニア・クリスタル

眉を強調したメイクが特徴的です。現在ラテン圏では眉毛を濃く描写するメイクが流行っています。これはそれまで細い眉が流行ってきた流れと正反対のもので、強く堂々とした雰囲気が好まれるようになってきています。もともと毛髪量が多い人々なので、自然の姿への回帰と見ることもできるでしょう。ありのままですでに美しいことを実践できるのも、彼女たちが巣のままで美しいからでしょう。

3C美人ラウラ・ゴンザレス

3C美人 ラウラ・ゴンザレス

まとまりのある整った顔をした美女です。東欧などにもいそうな感じの輪郭だと思います。

3C美人ソフィア・ティパッシャー

3C美人 ソフィア・ティパッシャー

ラテンアメリカでは目の色が碧眼の人も珍しくありません。さらには黄土色っぽい目の色やそれに少し緑を加えたような目の色などもあり、とても異国的なものです。

3C美人ファティマ・ピント

3C美人 ファティマ・ピント

続いてこちらの美女の場合は、鼻の先端の骨の輪郭以外を見ればかなりアジア的な輪郭をしています。やはり人の顔の印象を決定づけるのは目ですね。

3C美人ガブリエラ・ジャラ

3C美人 ガブリエラ・ジャラ

色んな人種的要素を連想させる顔をしていると思いませんか?前述したように、アメリカ大陸ではさまざまな人種がミックスした経緯があり、最終的にはこのような顔立ちになるのかもしれません。

3C美人カリナ・ラモス

3C美人 カリナ・ラモス

フィリピンやキルギスなど、アジアと欧州の境界ではしばしばこのような顔立ちが見られると思います。アメリカ大陸がたどった歴史もモンゴロイド系と欧州の遭遇でした。

3C美人キャロル・ドルピック

3C美人 キャロル・ドルピック

メキシコなどに多い顔立ちですが、この女性はコスタリカの美女です。そう、実はこれまで挙げてきた美女たちはとても美しいことは間違いないのですが、3Cに限らず中南米のどことでも言い得る表情なのです。

3C美人マリア・アレッハンドラ

3C美人 マリア・アレッハンドラ

こちらも上述のように、中南米、ときには北米でもありがちな美人顔です。

3C美人カーラ・オッサ

3C美人 カーラ・オッサ

トム・クルーズと結婚していたケイティ・ホームズさんを覚えていますか?どことなく似たような顔立ちだなと思いました。

3C美人マリア・フェルナンダ

3C美人 マリア・フェルナンダ

かなり西洋的な顔立ちです。3Cは実はヨーロッパ系の容姿をとどめている人々もかなりいます。そういった多様性も3Cの面白い部分と言えますね。

3C美人まとめ

以上、3Cの代表的美女たちです。3Cの美女たちは非常に気品のある、そして豪華な作りの顔をしています。まずすぐに見つかる特徴としては、黒髪が多い点です。御覧のように毛髪は漆黒色、眉も瞳の色も漆黒です。この理由はアメリカ大陸に住んでいた先住民がモンゴロイド系であり、その特徴を引き継いでいるからです。大航海時代、アメリカ大陸へ向けて多くのヨーロッパ人が侵入しました。特に3C地帯はスペインとポルトガルが競うように入植し、そのなかで現地人の多くは西洋から持ち込まれた伝染病、あるいは侵略の手によって倒れていきました。この間、多くの先住民たちは山岳地帯に逃れたため今も3C地域では奥地にいくほど先住民の特徴をよく残した人たちがいます。中南米はスペインとポルトガルが掌握し、後に黒人がどんどん連れてこられるようになります。また人種的に現地民も渡来した人々と次第にミックスしていくようになります。

現代の3C美女たちはさまざまな容姿をしており、顔も多様な人種的要素を連想させる造形になっています。上述のような経緯でヨーロッパ系、アフリカ系、そしてネイティブアメリカンであるモンゴル系が混ざった結果であります。

さて、3Cで括って特に美女が多いというのは妥当か?ということですが、結論としては特にこの地域でのみ特筆すべき美女がいるわけではないと思います。

ではなぜ3Cという言葉ができたのか? 私の考察としては、この3か国は陽気でくったくのない国民性があるため、話しかけたらノリが良い人が多く、そのため美女と話してみたらフレンドリーだったので余計に綺麗に見えたとか、記憶に良く残ったとか、そういう「現地での印象」や後から総括するときの「思いで補正」によって引き立ったのではないでしょうか。またこれらの国は服装もリベラルなファッションが普及していますし、若者も夜遅くまで繁華街にくりだしています。その点においても人通りが少ない国より一通りが多い国のほうが通りを歩ているだけでも通行人を見る頻度が高いため思い出しやすい効果があるのかもしれません。