ニカラグア美人女性ランキングTOP6【女優・モデルの美女たち】

ニカラグア美人女性1

ニカラグア共和国はカリブ海に面した中央アメリカにあります。アメリカ映画の影響でしょうか、この辺りの女性はホットな美女たちのイメージがありますが、具体的にはどうなのか画像でチェックしてみましょう。本記事はニカラグア人美女をランキング形式でリストアップします。

ニカラグア美人女性アナ・マルセロ(Ana Marcelo)

この投稿をInstagramで見る

Ana Marcelo(@anajmarcelo)がシェアした投稿

なんともエキゾチックな美女です。ラテンアメリカらしさを感じるホットな顔立ちですね。カリブのビーチが似合いそうな顔立ちです。カジュアルな雰囲気が陽気ですし、でありながらとても整った顔立ちをしております。ニカラグアの人種配合ではこういう顔立ちが生まれるんですね。

ニカラグア美人女性マリナ・ジェイコビー(Marina Jacoby)

この投稿をInstagramで見る

Marina Jacoby(@marinajacoby)がシェアした投稿

1995年生まれ身長175㎝の長身モデルです。目元が涼しい美女ですね。趣味はサッカーと言う活発な女性で、性格は正直さと献身性が大事と語っています。人柄が垣間見えますね。顔全体に漂う適度な緊張感がカッコいいですね。個人的にはマリナさんはどこか中央アジアを感じさせる顔立ちに似ていると思います。

ニカラグア美人女性エレン・マルティネス・トレミニオ(Helen Martinez Treminio)

この投稿をInstagramで見る

Helen Treminio(@helentreminio09)がシェアした投稿

167cm、ミスインターナショナル2017に選出されたアジアと欧州の融合を感じさせる美人です。とても綺麗ですが、一体なに人なのかが分からない仕上がりになっています。

ニカラグア美人女性レヤニ・ルナ・ルイス(Leyani Luna Ruiz)

この投稿をInstagramで見る

Leyany Luna Ruiz - Oficial(@leyanylunaruiz)がシェアした投稿

16歳と言う早さでモデルを始めた生粋のモデル女性です。隣国コスタリカでも少々活動するようになっているそうです。旅行が好きということで、モデルとして国内外で活躍できることは最適なことかと思われます。恵まれない子供たちに物質支援を企画するなど、その積極的な性格が伝わってきます。常夏の中央アメリカらしい、短パンとトップスの軽装ファッションがまた似合いますね!

ニカラグア美人女性タマラ・エリザベス・リオス(Tamara Elizabeth Rios)

この投稿をInstagramで見る

Tamara Rios(@tamara.eliz)がシェアした投稿

このニカラグア美人女性も中央アジアの美女にどことなく似通っていますね。彫りが深く鼻がシューンっと伸びた顔立ちは何かそれだけでカッコイイですね。

ニカラグア美人女性ブリアニー・チャモロ(Brianny Chamorro)

この投稿をInstagramで見る

Brianny Chamorro(@briannychamorro)がシェアした投稿

あれま、なんとなくですがこのニカラグア美人女性は中東美人にもいそうな雰囲気を持っております。良く見ると美しいですね。太い眉毛と黒い瞳とキュっと上を向いた鼻はそれだけでサマになって独特な気品があります。中東と言われても全然違和感がないです。

なるほど!ワイルドなルックスの美女たちでしたね。やはりアメリカ先住民(モンゴロイド系)とスペイン系やアフリカ系の融合を感じさせる顔立ちなのではないでしょうか?これらの配合の美女は皆さん共通してホットでワイルドで温かみのある雰囲気を醸しているように見えますね。ニカラグアは日本にいるとほとんど聞くこともない国ですが、美人を見るとやっぱり興味も湧きますね。

ニカラグア美人女性2

ニカラグアは中米に位置し、南はコスタリカ、北はホンジュラスと国境を接し、もともとモンゴロイド系の先住民たちが住んでいました。大変肥沃な地で作物に恵まれ、穏やかで平和な暮らしが続いたため、ニカラグアの人々は無欲で大変に健やかな性格だったそうです。

ところが16世紀からスペイン人に征服され、スペイン人と共に持ち込まれた伝染病に倒れたり奴隷として酷使されたことでなんと人口が絶滅寸前に!しかも生き残って捕らえられた先住民はペルーなどの鉱山へ奴隷として連れ去られていったそうです。その後、この地には黒人奴隷たちが連れてこらました。という経緯があります。

現在ニカラグアの人口は650万人、首都マナグアの人口は190万人ということで国のサイズに比べて割と大き目です。人種は白人と先住民の混血(メソティソ)が70%、白人が20%、黒人が5%、先住民5%という構成になっています。先住民たったの5%...。ニカラグアでは公用語はスペイン語でキリスト教が信じられています。