注目の投稿

ネパールのカースト制度・人種・苗字・階級・歴史をわかりやすく解説

ネパールでは苗字や人種で人の扱いを区別する制度が存在していました。一般的にカースト制度と呼ばれます。この記事では、ネパールのカースト制度の仕組み、歴史、現状まで徹底的に解説していきます。

美女と写真写り

フラットな顔にフラッシュをパッと当てて顔を真正面から撮影するのが主流になった。特にアジア人女性はこのタイプのセルフィーが向いているが、これは彫りのある美女には向かない。 至近距離からのカメラのレンズはほんのわずかな深度の差も大げさに映し出す。カメラに近い部分ほど大きく、遠い部分ほど小さく見えるのだが、その加減が肉眼とは大きく異なる。例えば鼻が高いため、鼻だけが異様に大きく、彫りのある瞳はフラッシュで影が消えるためフラットに見えたり、実物とはかなり印象が変わる。その点、フラットな顔のモンゴロイドは、顔が平坦なため接写しても顔の一部分だけが大きく浮き出て見えることもない。むしろフラッシュをあてることでより平坦な下地に目鼻口のパーツが鮮明に描写され実物以上に良く見える。よく言う「カメラ映りが良い」。一方、外国人女性はカメラ映りが悪いというか、実物ほどの美しさをその辺のカメラできちんと写すことは難しい。セルフィーというものが流行るようになってからというもの、外国人女性たちはアジア系女性の「写真映りの良い」可愛らしいセルフィーを目の当たりにし、なにかこうインフルエンスを受けていないか。メイクもかなり変わってきている。こんなもったいない話はない。 やはり正統美人とは目鼻立ちの造形、そして深度、それを示すシャドー、これらをきちんと備えたるものという点を忘れないでいたい。これは年齢にかかわらず、やはり彫りのある女性は『しゃきっと』して見えて格好の良い。「カワイイ顔」を作って写すのは彫りの深い外国人女性には似合わないし必要ないし、そんな小細工をしなくても十二分に魅力的である。彫りの深い女性は美しく魅力的でなにものにもかえがたいものがある。セルフィーのコツを得ただけのようなピクチャーが跋扈する以上、これからは斜めアングルからのいかに深度があるかを見て取れるセルフィーを期待したい。
西洋の肖像画が昔から斜めアングルであり、正面であっても影も入念に表現してあるのも、やはり造形ってものが大事だし、外国人の美しさを最もきちんと表現できるからだろう。