注目の投稿

ネパールはどんな国?

インドを旅行する日本人女性はたぶんモテる だが要注意

初めに。私はインドは類稀な素晴らしい人々のいる国だと思う。懐が深く、寛大で思い切りの良い人々が沢山いる。そう感じたのは北インドにおいてであった。
こちらの記事もあわせてどうぞ: インド中部でも、インド人は思いきりが良いなと感じたことが良くあった。

ところがインドはあまりにも広大、行く地域によって印象はガラリと変わる。インドは地域の独自性が強く、人間も土地によって多少異なる。
危険な地域も当然あり、汚さが有名な名所や怖いもの見たさで危うい場所に行けば、当然それがインドの印象になる。 ネパールでは長いこと、インドへの人身売買が知られてきた。ネパールの貧しい者がインドへ売られたり、或いは貧しくなくとも騙されて連れて行かれたり、そうしてインドで他の何者かに引き渡され、赤線地帯で強制的に労働させられるなど。

こういったことに日本の女性がターゲットになり得ない確証はない。しかも、インド内に自分から行くのだから。特にインドではモンゴロイドは少なく(インド東部のシッキムやアッサム、ナガランドを省くと)大変珍しい。 モンゴロイドの平坦な顔はキレイな形と認識するインド人も多く、さらに身奇麗にしている外国のモンゴロイド女性は彼らの目に良く映るようだ。

確か日本人女性がインドで誘拐され3週間ぐらい監禁され複数の犯人から暴行を受けていた事件が日本でもニュースになっていたと思う。インドは女性には危険な国と言われることもある。女性にとって、怖い思いをしてからでは取り返しがつかないのだ。当然男性にとってもだが。

インドの男性はとにかく見た目が良い。物凄いハンサム達がいっぱいいる。しかも格好付けた演出が上手い(サマになる)ため日本の女性はコロっと恋に落ちるだろう。インドのリゾート地で従業員と恋に落ちたりすることもあるようだ。結婚するのも良いと思う。インド人男性と付き合ってインド中を旅行していた日本人の女性もいた。インドには活気があるし、人々も伸び伸びしている。広大なインドは色んな場所があり、文化や景色に富んでいて日本より味がある。飽きることもないだろう。

しかし、間違うと大変危険な目に合うことも注意しておかなければならない。危険と日常の境界線は、いくら慣れてきても推し量れるものではない。
番外編
美人編