注目の投稿

ネパールはどんな国?

ネパール内戦で狙撃された武装警察のマオイストに対する考え方

maoist
マオイストが武装解除し和平協定してから十年が経った。私の友人は十数年前、タライ(terai)のバルディア(bardia)で武装警察のコマンダーとしてジャングルで任務に当たっていたころ、山に潜んでいたマオイスト(ネパール共産党毛沢東派)に上方から銃撃を受けた。 マシンガンの一発が臀部に直撃し横転、出血多量のためそのまま気絶した。現場にいた同僚一人も被弾し、その方は亡くなった。彼はカトマンズに即座に運ばれ、たまたま学会の用で来ていたドイツ人医師による緊急治療を受けて一命を取り留めたのだった。

彼は言った。当時マオイスト達はジャングルに潜伏し、政府に対してゲリラ攻撃を加えていた。マオイスト達はヒンドゥー教の階級、カーストの身分(ジャーティ=Jati)を問わずまとまり、ジャングル生活を支える食料は村人達からほどこしを受けていた。マオイストを指示する共感者達がいたのだ。或いは殺されると思い食料を渡した村人もいた。解決を図りマオイストと政府が公式に協議したとき、マオイストの構成員リストの開示があったという。構成員は三千人わずかだったそうだ。貧しさに耐えかねて蜂起した田舎の人々だった。
マオイストは武器をしまって政局に入り、公に活動するようになった。彼は今も後遺症を持っている。憎しみは無く、彼らが人々のために闘っていたのが本当なら、被弾した気持ちは自己消化できると言った。ネパールの政治に"人々のため"が実行されているならば、と。
番外編
美人編