注目の投稿

ネパールのカースト制度・人種・苗字・階級・歴史をわかりやすく解説

ネパールでは苗字や人種で人の扱いを区別する制度が存在していました。一般的にカースト制度と呼ばれます。この記事では、ネパールのカースト制度の仕組み、歴史、現状まで徹底的に解説していきます。

私が何度も見たインド人男女の浮気事情

インドが保守的というイメージがあるが、男性に限らず女性の貞操観念についても懐疑的だ。私は三つの地域で、三度ともインド人の不倫を目撃した。以下、ラジャスタン、ヒマチャルプラデス、パンジャブの順に開放的な浮気を目の当たりにした。
こちらの記事もあわせてどうぞ: インドの美男美女写真はこちらをどうぞ:

ラジャスタンの農村の友人

そもそも日本の彼女が欲しい、日本の女性と結婚したいと日々言い続けていたデリーのインドの友人が里(ラジァスタンの農村)に遊びに行くというからついていくと、そこにいたのは奥さんと二人の子供であった。
「未婚と言っていなかったか?」
「あれはね、ちょっとね・・・ヘへ」

この友人は農民のカーストで代々農家をやってきた。奥さんもラージァタンの農村出。一日中シースルーのスカーフ(グーンガット)で顔を多い隠している。顔全体を覆っているのだ。
目だけ出すようなものではなく、顔全体に垂らしてかけている。この辺の既婚者は全員がそうだった。これで道を歩き、買い物をし、仕事をする。(都市部では顔は隠さなくなっている。)
家にいる時顔を見たが、彼の妻は美しいというほどではなかったが、若く、身持ちの硬そうなしっかりした顔立ちだった。夫の前以外では常に被り物を被せている妻がいながら、日本の女性と結婚したいと言っていたのだ。
ある日彼の友人A(既婚)とAの車に乗ってドライブに出かけたのだが。だがAは皆でドライブ中にガールフレンドから電話がきた。彼は浮かれ上がってしまい、我々を乗せたままガールフレンドと合流した。車に乗り込んでくるのは二人の女性、なんとガールフレンドの母親も一緒に来ていたのだ。

ヒマーチャルプラデシュのバラモン一家

ヒマチャルプラデシュの山村にて、ヒンズー教のブラーミンの一家の家に住んでいた頃、夫婦喧嘩が起きた。
家の奥さんは浮気症でちょっと有名であった。「またか」と疑惑がでたのだ。夫が毎朝徒歩一時間先の茶屋に勤務に出たあと、連絡を取り合っている他の男と密会していたというもの。何度か発覚し、激怒した夫と離婚の危機に陥ったりもして、小さな村ではこの話を知らないものはいない状態。奥さんは以前からちょっと緩い噂があったとか。
しかしその村はその一家だけではなかった。
二軒先の家では、金持ちでハンサムな男性と結婚したにも関わらず、婚前から密会していたブサイクな男と浮気を続け、後に発覚。夫とは家を三軒も建て、子も二人いたのだが・・・。寝取られていた事実を突き止めた夫は突如自分の荷物をまとめ、話もろくにせずにあっという間に子を連れて去っていったという。
残された妻はその醜い浮気相手と結婚し直し、今も前の旦那が建てたリッチなホテルのような屋敷に住んでいるというもの。
(ちなみにこの村はブラーマンの村で、家が十軒ほどの集落。ブラーミンとはヒンズー教カーストの最上位。向かいのラジプット(クシャトリヤ)の集落の人からも聖なる階級と言われているのだが・・・。)

パンジャブでも

パンジャブの友人達と各地を車で巡って過ごしていた時は、友人の一人(クシャトリヤ)は自分の妻と娘を両親の家に預け、自分は何日も家に戻らず我々と旅行して周り、時には一人でガールフレンドとお出かけもしていた。
また、もう一人の友人は妻の浮気がもとで離婚。元妻は彼と離婚したあと、三度結婚離婚を重ねたと言う。前妻はよりを戻したいらしいが、彼はそんな元妻を嫌悪し、彼女との再婚はないと断言。代わりに知り合った23歳の女の子に結婚アプローチしたい考えだ。

インドの環境変化

現在インドは物凄いスピードで人々の思考が変化している。まず女性の生き方に対する考え方が急激に変化し始め、声を上げる女性、そして女性のこれまでの状況に理解を示す男性が進歩的として若い世代中心に大いに流行っている。フェミニストの増加と見ても良いだろう。都市では女性は自由交際も増えているし、若者達でパーティーをすることも珍しくない。そしてモデルや女優など芸能人志望者が激増し、エンターテイメント性のある職業やライフスタイルに憧れる人々が増加している。中年世代など自由な社会を謳歌しなかった世代も最近のこういった社会変化のなかでリベラル化し、若者の娯楽を黙認する、或いは自らも娯楽を求める人々が増加している。そして非常に個人主義的な生き方を理想とする自由思考へとシフトしてきている。異性関係もかつてのお見合いで生涯の伴侶を得るより、自分が望んだ相手と熱い恋愛をしたいと渇望する人が増加している。

友人の一人は困ったような、おどけたような顔で言った。「インドの女性は強い。」
インドは閉鎖的で厳しい社会に聞こえるが、必ずしもそうではない。レイプ・殺人などのニュースは衝撃的に記憶に残る。しかし広く、地域ごとの独自性が強いインドは、行くとこ次第でまったく異なる印象となる。
こちらの記事もあわせてどうぞ: インドの美男美女写真はこちらをどうぞ: その他のおすすめ記事: