注目の投稿

ネパールはどんな国?

インド人は不倫するのか?

インドというと、厳格なヒンズー教のお国って感じだが、私の知るインド人の友人男性達は、周囲に独身と言ってることが多々あった。
インド人でも浮気する人はするのだと驚いたものだった。まあ、もともと浮気性に国籍は関係ないのだが・・・。
「結婚してると言ってなかった?」
「独身と言いたいんだもん」

なんで?と聞くと、結婚していると言うと、女性は話てくれなくなるからという応えが返ってきた。
曰く、「私は人と話すのが好き。だけど結婚していると言うと、話してくれなくなる」のだそう。

人と話すのが好きなのでじゃなくて、独身男性に興味がある女性と話したいといったところか。

インドは都市部をのぞくと愛し合う二人が結婚するというような単純なケースは少ない。あることはあるのだが、一般的には彼らは家族同士が色々と話し合ったうえで最終的に合意した場合のみ結婚する。つまり、二人が好きかどうかも大事だが、家族の意向も同じぐらい大事なのだ。そこで、親が提案した相手と結婚する、或いは、親が選んできた幾つかの候補から選ぶ、というように、最初から全てが自分の好みで選んでいない場合もあるのだ。

そのため、一度は自分の好みの女性と自分の意思で親密になってみたいという願望があるのかもしれない。

そもそも、彼らは女性と親密になれるポテンシャルがあるから。それが周知のとおり、インド人男性のハンサムさ加減だ。
あれだけハンサムなら、自信もあるのだろう。インド人男性はより多くの女性に自分を見せたいと思っているようだ。女性のみならず、人に見られたいと望んでいる。 まず、インド人はフェイスブックでの自撮り(セルフィ)もものすごい気合の入れようである。そして、撮影したならばフェイスブックで全公開でアップロードする。 実際、インド人の男性は女性のように色んなことを気にしている。
例えば、
  • セルフィーの取り方が凄いナルシスト。さあ、外出中にたまたま写真撮るぞって時にも、じっくりと時間をかけて髪型を整え、ポーズを作り、最高のタイミングで撮影。納得がいかず、また撮影、そして次のアングルからまた撮影
  • 女性に自分がどう見えるか、聞こえるか、を異様に繊細に気にしている。女性はレピュテーションの高いものに対しては警戒心が下がる。それを理解しているからこそ、自らのレピュテーションにとことんこだわり、レピュテーションが高そうに見えるポーズをとるのが上手いのだ。時には言い回しを変えて、ポテンシャルを匂わせる。非常に賢いやりかただ。真っ向からありのままの事実や評価を受けようとすることはあまりない。

彼らを浮気心にかりたてている要因には色んな国に美女がいるというのも一つにあるかもしれない。
まず、インドの女性はご存知の通りあれだけ美しい。それは気が散って当然だろう。
そして外国では外国で、インドには欧州のような肌の色の人はいないし、北方アジアのような顔もいない。
だから、外国に来ると、外国の女性が珍しくてたまらない、だからそれもそれでまた気が散るからではないだろうか。

インド人男性はふつうの男性よりハンサムだから、しようと思ったらしやすいはずだ。
番外編
美人編