注目の投稿

ネパールのカースト制度・人種・苗字・階級・歴史をわかりやすく解説

ネパールでは苗字や人種で人の扱いを区別する制度が存在していました。一般的にカースト制度と呼ばれます。この記事では、ネパールのカースト制度の仕組み、歴史、現状まで徹底的に解説していきます。

少数民族グルン族|グルカ兵を輩出する勇敢な少数民族

gurung
nepali jati
この記事では、ネパールカーストの一つであるグルン族についてディスクライブしてゆきます。
ネパールカーストについては、こちらの記事もあわせてどうぞ: ネパールで最も有力なギャングのボスはグルング族である。

グルン族はタムーとも呼ばれ、総人口は70万人ぐらいで独自の言語も持つ。主にネパールのポカラ(カスキ群)に集中して住んでいる民族だ。仏教を信仰している。ポカラは周辺の山々からグルングが集まり発展、今やグルング有勢の町としても知られていて、モンゴロイド顔のほうが多い。インドにもグルングはいる。

グルング内には四つのカーストグループがあると言う。


ポカラのグルングは伝統的にグルカ兵(外国傭兵)だった者が多く、その報酬たる外貨によってポカラの街は小奇麗にまとまっている。また、外国仕込みからか、ソーシャルケアも力を入れている。グルングてあることに強い拘りを持った人が多い。組織的な民族性で、結束力があると見る。しかし、最近はグルングの若者の奔放化も見られ、今後は独自言語を保つことが課題であると聞く。

グルングの山村は他のネパールの村々に比べ非常に几帳面に作られている。石畳が手抜き無くビシッと敷つまり、家々の配置も機能的で整然としている。アジア人独特な一途さを有した手堅い気質を感じることもある。

ネパール東部に点在するグルングはキラット教を信仰することから、ライ族との婚姻も許容するらしい。
インドにもグルングは進出している。グルカ兵というのはイギリスと関係のあった国々がネパール人を傭兵として雇っている部隊の名前だ。香港・インド・イギリスなどが主要なグルカ兵の雇用先。そこで給料を受けていた人々がかつてネパールではリッチになった。そのためポカラ周辺の山から下りてきたグルングにはグルカ兵出身が多く、邸宅を構えている。