注目の投稿

ネパールはどんな国?

ネパールのカースト 序列一位:バウン(ブラーミン)/バフン

ネパールのバウンについて今まで日本人が知らなかったことまで詳しく紹介していきます。バウン(bahun)と言うのはネパール語で、ヒンドゥーのカースト制度の司祭階級(バラモン=最上級の身分)の人々を意味する。bahunという綴り上、「バフン」と発音するのが一般的な外国人だが、実際はバウン。カタカナで発音を再現するのは限界があるので、当ブログではバウンで統一する。当記事の最後の章でも書くが、日本ではこの階級はなぜかブラーマンと呼ばれているが、現地ではこの階級に対するその呼び名は聞いたことがない。
目次

バウンとは? 顔(見た目)とカースト制での身分・階級


バウンは尖った鼻と非常に窪んだ眼が特徴的なアーリア系の人々の階級(ジャーティ=ジャート)の名で、ネパールにいる人種的にはモンゴロイドと最も正反対の容姿をしている。 ヒンドゥー教ネパールのカースト制度ピラミッドではタガダリと呼ばれる第一階層の中でもトップに位置している。身分序列1位。身分制度廃止した現代もネパールを動かす主体として行政の上層部を独占している。俗にハイカーストと言ったりする。司祭階級である通り、ヒンズーの僧侶(パンディット)になることができるのはバウンのみである。

またバウンの人々はしばしば自らをブラーミンと呼ぶことを好む。ブラーミンとはヒンズー教が考える宇宙の真理や至高(ブラーマン)を体現する人々との意味が込めてある。バウンの正確な呼称については当記事の最後、最終章『司祭階級バウンの他の呼び方』にて詳しく書きます。

バウンの正式な分類 ネパールのカースト制

各地域分け。高い地域から順に、高山地帯の茶色のエリアがヒマール(himal)、丘陵地帯の黄色のエリアがパハドゥ(pahad)、平原地帯の緑色がタライ(terai)と呼ばれる

ネパールのバウンには分類がある。先祖を山側(パハドゥ)か平原側(タライ)かのどちらをオリジンにするかで分類。山側ルーツがバウンと呼ばれるのに対し、タライルーツの司祭階級はマイティルと呼ばれる。マイティルはよりインド的で、思考や文化はネパールよりインドと合致する点が多い。見た目にも肌の色など違う点がある。一般的にバウンとは、山側のブラーミンを指し、マイティルは含まれない。
よって、以下、ネパールバウンについては山側のブラーミンの内容になる。

2種類のバウン ネパールのカースト制

バウン(パハドゥのブラーミン達)にはクマイとプルビヤと呼ばれる2つのグループがある。これは派閥であって序列ではない。

クマイバウン

クマイバウンとはインドのクマオン(ウッタラカンド州)から来たブラーミンという意味だが、クマオン出身に限るわけではない。ネパール国境の向こう、クマオンのある方向は、かつて人間が徒歩でネパールの山々を行き来していた時代、気の遠くなるほど遠い向こう全てに等しかった。北西インドをルーツにするブラーミンが、千年以上前のある時期にネパールの西側から入ってきたのがクマイバウンの起源だ。
現在はネパール全土に分布している。クマイバウンの人々は色白も多く(バウンは通常浅黒い)、顔や手足は日焼けしているが、衣服の下に隠れた肌の部分は黒くなかったりする。顔立ちも北西をルーツにするだけあってインド北部のブラーミンやパキスタン、中東に近い者が多い。典型的なアーリア顔だ。

プルビヤバウン

プルビヤはネパール語の「東方」という言葉からきている。クマイが入ってくるよりもっとずっと前にすでにネパールのメインエリアまで入ってきていたアーリア系で、東部国境のダージリン(かつてネパール領)をオリジンにするものや、ネパール南方(世界地図で見るとネパールの国境の下付近のインドからも)をオリジンにしている。クマイと比べ南方的な顔になる。

クマイとプルビヤは昔は我こそが最上位と言って互いに譲らなかった。ネパールでは自分より下の階級の家の飯は食べない掟があったのだが、クマイは時々プルビヤの飯は食べず、プルビヤも時々クマイの飯は食べず、といった具合だった。今はそういった張り合いはなくなっている。後述する苗字の数を見ても分かる通り、クマイはプルビヤに対して少ない。

階級内部の構造 階層序列 ネパールのカースト制

クマイとプルビヤの2つのグループの双方内部に、さらにそれぞれウパデァヤとジャイシという2つの階級がある。(ジャイシは発音は似ているが、ネワールのジョシではない。)

バウンの階級はウパデャヤとジャイシの二層構成だ。 クマイウパデァヤ、クマイジョイシ、プルビヤウパデャヤ、プルビヤジョイシといったように。
序列順位はウパデャヤが1位、ジャイシが2位だ。

苗字一覧 バウンの種類と名字 ネパールのカースト制

バウンは階級の名前。苗字は別にある。苗字でバウンの種類が分かるようになっている。どんな名前があるか違いを見てみよう。
以下名字リスト(カタカナ表記のため、ネパール語の発音と微妙に異なる場合もある。)

クマイバウンの苗字一覧


アワスティ、ウプレティ、オージャ、オリ、カレル(カーレル)、カクレル、カデル、カンデル、スィワコティ、セダイン、タパリア、チャウラガイン、チャタウトゥ、ティワリ、トゥリパティ、バッタ、パタック、パネル、パンタ、ビスタ、プラサイ、べトゥワル、マイナリ、ミシュラ、レグミ、レカック、ロハニ
Awasthi, Upreti, Oja, Oli, Kharel, khakurel, Kadel, Kandel, shiwakoti, Sedhain, Thapalia, Chaulagain, Chataut, Tiwari, Tripathi, bhatt, Pathak, Panel, Panta, visht, Prasai, Bhetwal, Mainali, Mishra , Regmi, Lekhak, Lohani

プルビヤバウンの苗字一覧


アチャリャ、アディカリ(※ほとんどのアディカリはチェトリ)、アリャル、ガウタム(ゴウタム・ゴータム)、カティワダ(カチワダ)、カナル、ギミレ、ギャワリ、クインケル、グラガイン、コイララ、サトゥヤル、サプコタ、サングラウラ、シャルマ(サルマ)、スィグデル、スィンカダ、ソティ、ダカル、ダハル、ディタル、ティミルスィナ、ティワリ、デブコタ、ドゥンガナ、ドゥンゲル、ドゥワディ、ニラウラ、ネウパネ、ネパール、バスコタ、バッタライ、パラジュリ、バラル、パンティ(パンティー)、パンディ(パンディット)、ピャクレル、プダサイニ、ポクレル、ポデル(ポウデル・ポーデル)、マルハッタ、ミシュラ、ムドゥバリ、 ラミチャンネ、ラムサル、リジャル、リサル、リマル、ルイテル、ルパケティ、レグミ、ワグレ
Acharya, Adhikari(Most of Adhikari are Chhetri), Aryal, Gautam, Khatiwada, khanal, Ghimire, Gyawali, kuinkel, Guragain, Koirala, Satyal, Sapkota, Sangraula, Sigdel, Sinkhada, Soti, Dakal, Dahal, Dhital, Timilsina, Tiwari, Devkota, Dhungana, Dhungel, Duwadi, Niraula, Neupane, Nepal, Banskota, Bhattarai, Parajuli, Baral, Panti, Pandit, Pyakurel, Pudasaini, Marhatta, Mishra, Mudbhari, Lamichhane, lamsal, Rijal, Rysal, Rimal, Luitel, Rupakheti, Regumi, Wagle

ジョイシの名字

(本来オリジナルにジャイシを示す名字)
リジャル、ブサル、ティワリ、リマル

クマイとプルビヤ双方に存在する苗字


ティワリ、レグミ、ミシュラ

以下は異階級にも存在する名字

チェトリと被っている苗字(もともとチェトリにも独自にある苗字)


アディカリ、ラミチャネ、ビスタ ※特にアディカリは極わずかな一部を除くと通常は全てチェトリである。

ネワールとかぶっている名字


サルマ(シャルマ)、バッタ
バウンは地域ごとで多い名字があったりする。村一つがすべて同じ苗字という場合も珍しくない。 前述したジャイシはウパデャヤの父親の苗字のまま変わっていない場合もあるが、本来ジョイシを意味する苗字もある。リジャルとブサル、ティワリさらにリマルがそれだ。しかしウパデァヤの苗字のままてあることもあり、本人の自己申告か、社会内で認知されている。
ミシュラとウパデァヤ(ウパデァヤ姓は山側のバウンにも別にいます)は平原地帯のマイティルにも見られる。また、インド中部のブラーミンと共通する苗字も幾つか見られる。シャルマ(サルマ)、バッタ、パタック、アチャリァ、ティワリ、パンディトなど。しかしインドのブラーミンとネパールのブラーミンの苗字は必ずしも常に一致するわけではない。例えばパテルはインドのブラーミンだが、ネパールではタライのチェトリの苗字にあるらしい。(インドのブラーミンも各州によって苗字が異なっている。)また、アディカリのようにチェトリとバウン両方別々に独自に存在する名字もある。

厳しく詳細化された婚姻ルール ネパールの結婚はカーストで決まっていた

バウン社会の規律は各階級のなかで最も厳しく、異階級との結婚は今もってほとんど進んでいない。序列を守るための詳細化されたルールがあった。しかもバウン同士でも慣習による区別化がある。

血統は最重要で、恋愛はもちろん無し、好きあって家族の相性も良さそうでもゴトラが違えば結婚は許されない。


上映像はバウンの結婚式 農村部

カーストとゴトラによる婚姻の掟

アートレア・ゴトラのポクレルはバルドワージ・ゴトラのポクレルと結婚できるが、
アートレア・ゴトラのポクレルはアートレア・ゴトラのシャルマと結婚することはできない。

血統はゴトラと呼ばれ、全ての階級にある。昔の日本でいう清和源氏とか陽成源氏みたいな、祖がだれにあたるか(流派)のこと。ネパールの身分制度社会では一般的に各階級は自分と同じ階級と結婚するが、階級は同じで苗字が違っても流派(ゴトラ)が同じ場合は結婚できない。
反対のケースで、同じ苗字でも違うゴトラの場合は結婚できる。

例えばポクレル姓には二派ある。
ゴトラをアートレアとするポクレルと、ゴトラをバラドワージとするポクレルだ。
アートレアポクレル同士は結婚しないが、バラドワージポクレルとは結婚できる。

異階級との婚姻による階級落ちに見る名字・カーストの分類

バウンにとって異階級との結婚はすなわち階級墜ちとなる。
以下にその種類
  • ウパデャヤ男性とチェットリ女性の子供はカトリ(チェトリ)になる。
  • ウパデャヤ男性とタクリ女性の子供はハマル(チェトリ)になる。
  • ウパデャヤ男性とバイシャ女性の子供はチェトリになる。
  • ウパデャヤ男性とスードラ女性の子供はスードラになる。

つまり、ブラーミンはブラーミン以外の階級と結婚した場合、全てチェトリになる。スードラと結婚した場合のみ、スードラになる。 よって苗字は父親から受け継いだバウンのものだが、階級は違うケースが時々ある。

階級識別 ミドルネームも区別されていた・カーストの分類

苗字はバウンだが、身分はチェトリに墜ちている場合、昔はわかり易かった。ミドルネームにバハドゥルが入っている場合、それはチェットリを表していた。つまり、バハドゥルのミドルネームでラストネームがバウンの場合、それはジャイシかチェットリであることが察知できた。現在はこの慣習はなくなり、ミドルネームはあらゆる身分があらゆる名前を好きにつけている。

バウンの伝統的な生活 ネパールのカースト制

バウンは基本的に菜食とミルク中心の食生活で、肉はヤギしか食べない。都市に引っ越したバウンは近年はなんでも食べるように変わってきているが。 バウンはいわゆる司祭階級であるものの、バウンであれば誰でも司祭であるわけではない。司祭になるには、それ専門の学校に通わなければならないし、完全菜食主義をせねばならない。通常、バウンもほとんどが農業で自給自足して暮らしてきた。

しかしもともとバウン社会は僧侶にならなくとも、最も厳しい戒律を持つ階級である。最近は利便性を優先しカジュアル化も見れるが、以前として昔ながらの慣習に極力拘る者たちもいる。

ジャナイと呼ばれる紐を身に帯びている

バウンはジャナイと呼ばれる白い紐を肩から袈裟懸けに帯びている。これは衣類の下、素肌にかけるもので、コットン製の細い糸であるが、ヒンズー教では聖なる紐と考えられている。ジャナイと帯びていいのはバウンの他にはチェトリのみである。 伝統的なバウンの生活例としては以下に
毎朝行水、自分のキッチンにも体を洗ってから入る、他人は入れないのは序の口。

チャウパディ・プラタ ヒンズー教の習慣

特に女性に厳しく、生理中は家族であろうともキッチンや祭壇に入ることは許されない。
産まれて初めての生理時には、父親と男兄弟、そして太陽を見ることを禁じられ、そのため他所の部屋に一週間隔離され、物を直接渡すのは禁止、のみならず家具含むあらゆる生活道具に触れてはならなかった。これはチャウパディプラタと呼ばれる。

花嫁に課せられた仕事 ヒンズー教の習慣

新妻は一年間姑の脚を寝る前に毎晩脚をオイルマッサージしなくてはならない。
男児が産まれるまで何人でも子供を産むことを望まれる。
産後は十八日間キッチンから隔離される。

男性が食べ終わるまで自分の食事を待たねばならない。(食べるころには少ししか残っていない)
朝明るくなる前から、夜暗くなるまで野良仕事、主に荷運びを続ける。


お見合いもない児童結婚 許婚(いいなずけ)の強制 ヒンズー教の習慣

ほんの三十年ぐらい前まで、バウンの結婚は十歳にも満たない幼少期に決められていた。昔の日本で言う許婚(いいなずけ)。そのまま嫁に出ることもあれば、十代半ばに夫の家で暮らし始めるというものもあった。小さい娘にとって、親元を離れて遠く離れた村社会に突然嫁いでゆき、家事家畜の世話野良仕事全般に従事する日々が始まるのは大変心細いものだったことだろう。

10代前半での結婚は15年ぐらい前まであった。最近も15、16歳で結婚したり出産する女性達がまだいる。

サティー・プラタ ネパールで禁じられた恐ろしきヒンズーの慣習

最も酷なのは、サティプラタと呼ばれたシステムで、なんとバウン社会では旦那が死んだら、妻は旦那の棺と一緒に生きたまま焼かれていた。それを逃げたら強制的に火に送り込んでいたのだ。これは史実として2016年にネパールで映画化もされた。このサティプラタ・システム、残された妻まで道連れにさせる風習は19世紀ネパール国王によって禁止されるまで続いた。

知的階級を自負するバウンの自意識・ポリシー

本記事の冒頭でも書いたように、本来ブラーミンとはヒンズーの秘儀を体得した者を呼ぶ言葉である。しかしいつしか司祭階級『ブラーマン=ネパール語でバウン/バフン』はこれを自分たちのタイトルにした。
(ホントに知的であるか、知識があるかは別だが)知的階級・階級序列1位としてのバウン達の自負は、外国人と接するときに発揮される。他の階級に比べ極端に体裁主義で、どんな些細なことであっても己の無知が露呈することをことのほか嫌う。そのため、異邦人との話には知ったかぶりを貫くために、知らないことでも一先ずほぼ相手の言うことに合わせる。理解していることや、あとから分かったことに対してはものすごくジャッジするのが好きな人々だ。
顔立ちは中東的な顔と土着的な顔がある。西洋人よりも更に輪郭がハッキリしているが、毛髪や瞳は黒か茶色である。ネパールで最もインド・アーリア的な顔立ちをしている。
一部のバウンは自らを「アメリカンと一緒の人種」と考えだしている。ふつうならアメリカンと一緒の人種とは何ぞや???となると思うのだが、彼らは本気で言っている。このネパール人の人種思考についてはいずれ別記事で話したい。

ヒンドゥーの序列は公式には廃止されているが、下位階級(ダリット)に対する差別的な言動は減ってきているとは言え、依然としてある。家の出入り、特にキッチンの出入りには今も敏感である。

司祭階級バウンの他の呼び方 ネパールのカースト制

バウンについては冒頭で述べた通りである。ブラーミンについても、現地語を英語綴りに変換したものを更に日本語に再変換して「ブラフミン」と日本で書かれることもあるようだが、実際はブラーミン。よって当ブログではブラーミンで統一している。 さて、このバウンの呼び方についてみていこう。現地の一般論からいうと次のようになる。

ブラーミンとは? ネパールのカースト制度

前述の通り、ネパールでは司祭(僧侶)階級はバフンと呼ぶのが正確であり一般的で最も自然であるが。次にバフンの人々は自らをブラーミンと呼ぶことが多々ある。この二つ、つまりバフンかブラーミンか、一般的にこのどちらかでしか呼ばない。
なぜ?ブラーミンとは?それは・・・ ヒンズー教では何よりも至高なことをブラーマンと言う。そしてそのブラーマンをもじってブラーミンと言う呼ぶようになったと言われている。つまり、宇宙の真理・秘儀(ブラーマン)を体現する者という意味が込められている。

ブラーマンとは? ネパールのカースト制度

ではブラーマンとは何なのか。ブラーマンというのは階級の名前ではなく、ヒンズー世界で宇宙の至高を意味する言葉である。なので当然、ネパールの司祭階級をブラーマンと呼ぶことはまずない。

ブラフマンとは? ネパールのカースト制度

次にブラフマンと言う言葉はもっとない。これは単に現地語を英語表記したものをさらに日本語で変換しなおしたからこんなことになっている。つまり和製の単語。 これと同じ例がブラフミン。

ブラフミンとは? ネパールのカースト制度

ブラーミンを英語で表記したものを日本式ローマ字読みでブラフミンと無理やりにした感がある。最も、多言語を日本語の「あいうえお50音」で正確に表記することなど不可能だが、単純に現地の発音を聞けば明らかで、ブラーミンと書いた方がよっぽど彼らの発音に近い。ブラフミンはブラーミンと同じ意味だが、発音的にブラフミンというよりブラーミンである。

バフンとは? ネパールのカースト制度

これももうお分かりだろう。冒頭でも書いているし、上記にも書いたように、現地語を英語のアルファベットでBahunと表記してみたものを、今度は日本式ローマ字読みで読んで、あいうえお50音に再変換することで、限りなくバウンに近く聞こえる単語がバフンと表記されるに至っている。つまりバウンと言ったほうが現地人には通じるのだ。
(そもそもアルファベット表記そのものが現地の発音を正確に再現できていないし、多言語をその他の言語で正確に表記できるわけがない。)
バウン関連記事:
番外編
美人編