ダマイ族|ネパールの仕立て屋カースト

ダマイ族とは

ダマイ族はテーラー(服の仕立て屋)と伝統楽器の音楽隊を生業にしたカーストで、丘陵地帯のアーリア人グループの一つです。今もダマイ族の多くが仕立て屋で裁縫をしています。音楽隊というのは伝統楽器をもって演奏する仕事であり、特に結婚式の時に炎王されるパンチェパジャを奏でるために必ず呼ばれます。その楽器の多くはダマイ族の人しか上手に使うことができません。

ネパールの芸能界で活動するミュージシャンやシンガーソングライター、音楽プロデューサーなどはダマイの伝統的な音楽隊とはまったく別物であり、あらゆるカーストの人々がその職に就いています。

ダマイ族の特徴

ダマイ族はアーリア系で異カーストと混ざることもなかったためかなり独特な外見をしています。ネパール人の中で肌は黒いほうで、顔立ちは西洋人に似た感じです。体格が比較的良いように思います。おそらく肉を食べるからではないでしょうか。ダマイには時々、独特で魅力的な顔立ちの物凄い美人がいます。

興味深いことにかつては苗字で担う職業が決まっていました。パリヤルならテーラー、ナガルチは音楽演奏、など楽器にまつわる名前もあるようです。その他、ガーレー、バルデワ、ドーリー、ネパリ、スンダス、スナム、ダス、ダルジなどがいます。

仕立て屋(テーラーで裁縫の仕事をしている)

ネパールではまだ民族服を着る人が多いので呉服屋と裁縫店が沢山ありダマイは裁縫のセクターを担っています。雇われたり、自身の店を構えたり、今や営業形態は自由に行われています。また仕事も他の分野にも加わりだしています。

伝統楽器の音楽隊(パンチェバジャ)

音楽関係のカーストにガイネ族がいますが、ガイネは吟遊を家業にし、小さなギター弾きで本格的で儀式的な演奏をするダマイとは形態が違います。