注目の投稿

ネパールのカースト制度・人種・苗字・階級・歴史をわかりやすく解説

ネパールでは苗字や人種で人の扱いを区別する制度が存在していました。一般的にカースト制度と呼ばれます。この記事では、ネパールのカースト制度の仕組み、歴史、現状まで徹底的に解説していきます。
ホーム» ネパール , 社会 , » ネパールの有名人No.3 ラビ・ラミチャンネ 熱血ジャーナリスト

ネパールの有名人No.3 ラビ・ラミチャンネ 熱血ジャーナリスト

ラビ・ラミチャンネ(Rabi Lamichhane 1974年生まれ)はネパールのジャーナリストであり、テレビ司会者です。ネパールの問題などについて徹底的に追及するスタンスの報道をしてきました。歯に衣着せぬスタンスは視聴者から人気を集めましたが、嫉妬や恨みを買う危険性もありました。

ジャーナリストとしての本文を追及し仕事に励んでいましたが、ある日彼は逮捕されてしまいます。自殺した知人がラビの名前をほのめかすメッセージをしていたという理由からです。
するとどうでしょうか、物凄い群衆が彼の釈放を求めて集まりました。デモです、物凄い人数の。これにより彼はさらに有名になります。
ナラヤンガットの川岸の公園を埋め尽くす人数です。
「追及しすぎて政府にハメられたのでは?」「そもそも自殺だったのか?」という同情が集まったのです。
彼は釈放されました。

一部のネパール人、知識人、若者たちはすでに腐敗した政治に疲れていて、きちんとした話をする人間を求めていたわけですね。だからラビは人気があったわけです。それでみんなが一気に味方につきました。政府に反発する人々の群れでもあります。
ラビの求心力がさらにアップしたわけです。

ネパールの村々では文字も読めなかったり、ニュースも見れない人々が、投票したら何かがもらえるとか、現金がもらえるとかでやってる世界ですが、一方で、一向に良くならない、誰になっても同じという不満を抱く人々もいて、真面目な方向に向き始めている人々も増えてきているかもしれません。

政府への不満はずっと前から相当なものがありましたが、最近は民衆がSNSを通じて行動するようになってきているようです。
そういったことで、怒気渦巻くネパール社会のカリスマになっています!