注目の投稿

ネパールのカースト制度

この記事では、ネパールのカースト制度についてその仕組みから歴史、現状までの経緯を徹底的に解説していきます。ネパールでカースト制度が廃止されたのは1962年ですが、半世紀以上経った今も色濃くカースト意識が残っています。

ネパールのカースト制度は苗字で階級・職業を見分けていた

この記事では、ネパールでカーストの見分け方として苗字による識別があることについて述べていきます。ネパールは多民族社会のため、今も互いの民族性を認識する上で、相手のカーストを認知することは一般的なことです。 現地のカースト制度に関する言葉と意味、一般的な現地人の認識など交えて解説していきます。もちろん、民族衣装を見ればカーストを見分けることができますが、最近の若い人々はネパールの民族衣装を着なくなってきています。
この記事では、あくまでタイトルの内容に限定しています。ネパールのカースト制度については下記記事もあわせてどうぞ:

カースト制度に関する言葉と意味

外国人がヒンズーの身分制度を呼ぶときカースト制度などと言うが、カーストは実は英語。が、今やネパールでもカーストという言葉が普及し、そのため身分の上下を表すハイカースト(アッパーカースト)とかローカースト(ローワーカースト)とか言う言葉が派生している。

ネパールのカースト制度:ジャーティ(階級)

正確には、身分制度たるカースト制度はジャーティと言う。そして身分そのものもジャーティと呼ぶ。例えばカースト制度の序列1位のバウン(バフン)はジャーティの一つと言える。そしてその人個人の苗字がある。

ネパールのカースト制度:タール(名字)

苗字はネパール語でタールと言う。バウンのポクレルさんがいたとしたなら、その人のジャーティ(身分)はバウン、苗字(タール)はポクレルさんということになる。
  • ジャーティ=階級・身分
  • タール=苗字

ネパールのカースト制度:カースト(名字)

ここからカーストと言う英語が出て来る。ネパール人は「カースト」という英単語を「名字」と同じ意味で使っている。つまり、ネパールではカーストとタールは同じ意味で、以下のようになる。
  • ジャーティ=階級・身分
  • タール=苗字
  • カースト=苗字
  • つまり、
  • タール=カースト=苗字

ネパールのカーストとランク

カースト制度では人々が人種グループと民族グループごとで階級分けされている。そしてランクごとでそれぞれ異なる独自の文化・風俗を形成している。民族というのは特定の独自文化を持つ集団であって、人種集団ではない。カースト制度の階級の上位階層と下位階層はアーリア人種、中位階層はモンゴロイドになっている。そうして各階層内をさらに民族ごとでランク化している。そしてその民族内にはさらに民族独自のランクが存在する。
【例えば】
上位階層にはアーリア人種が。その中で、最も混血が低く、禁欲的な生活を続ける民族のバウンがランク1に。やや顔が混血がかり、生活もバウンほど禁欲的でないチェトリがランク2。
ランク1のバウン民族の中にさらに、バウンとジャイシバウンという二つのランクがある。 階級社会ネパールでは、その見分け方として以下のような方法がとられている。

ネパールの人種と階級

  • 上位・下位階級 アーリア系
  • 中間階級 モンゴロイド系
中間階級に入っているアーリア系もいるが、少数である。さて、これら二つの人種には大きな違いがある。まず、宗教の違い。アーリア系は代々ヒンドゥー教であったのに対し、モンゴロイド系は非ヒンドゥーや仏教、あとからヒンドゥー化したものなど。次に、文化的な違いがある。それは食べ物の違い、言葉の違いなど、日常生活の些細な色々に違いがあり、それただの違いでなく、例えばアーリア系の上位は肉食に関するいろいろな制限があるのに対し、モンゴロイド系はそういった制限がないなど、戒律によって共同にできない面が色々ある。つまり、相手の流儀を知りそれを尊重する上で、部族・階級をきちんと認識することが重要になる。

ネパールの名字と階級

それぞれの人種や民族には独自の伝統的な名字がある。日本のように単一言語をもとに幾つもの名字があるのとは異なり、多民族社会ネパールでは、民族語との言語をもとにした名字があるため、そのため名字である程度民族が推測できる。名字で民族が分かると民族で階級が分かる。或いは、顔で人種や部族が分かり、階級が分かる。相手の顔がどの人種か、そして名字がどういった響きか、このあたりですでにある程度の階級が認識されてしまうのである。

一旦まとめると、「名字で階級が分かる」となる。ネパール語で言うと、「タールでジャーティが分かる。」もしくは、「カーストでジャーティが分かる。」

つまり、カーストという言葉を『身分』と誤認していても、結局同じようなものなのだ。

さて、次のケース。時には同じ苗字が他の身分にもある場合も少しある。その場合は?

直接聞いてカーストを見分ける方法

名字と身分・階級の例外ケース

各グループごとに独自の名字があると書いてきたが、例外のケースもある。 【例えば】
ジャーティが高い上位カーストのチェトリとジャーティが中間階級のマガールには共通する名字が多いし、顔も時々似たのがいる。或いは、最上位カーストのバウンと、中間階級のサンヤシには顔がほとんど見分けがつかないのがいる。
さて、こういった場合どう識別するのか。 前述の通りカーストは苗字(英語:サーネーム)の意味として使われているため、「貴方のカーストは何ですか?」と問うのは身分を問うていることにはならない。貴方の苗字は何ですか?という意味になる。通じない場合は、「貴方のタールは何ですか?」で同じ意味の質問になる。

一方、「貴方の名前は何ですか?」と言うのは、ファーストネームを尋ねていることになる。※ネパールでは通常このほうが一般的。しかし、名字はなですか?とたずねることもよくある。この場合は同じグループなのか違うグループなのかわからない場合に、確認のために聞いているように見える。差別的といったニュアンスではなく、互いの風習を再確認しているように見える。ただし、地位は関係ないと口では言うが、相手のタールまで聞き出し、聞き慣れないタールである場合は誰かにどのジャーテか尋ねて確認する人もたしかにいることはいる。

身分は、バウン、チェトリ、マガール、ネワール、グルング、タマング、ディマルなどなど色々ある。例えばポデルと言えば、身分(ジャーティ)はバウンで、苗字(タール=カースト)がポデルであると分かる。
バウンという階級のなかに、ポデルという名字があるわけだ。
しかし、全階級の苗字を皆が覚えているわけではないし、例えばマガールとチェットリには共通する苗字が多いし似た顔も多い。「貴方のカーストはなんですか?」と聞いて、「タパです。」と言われても、タパ・マガールなのか、タパ・チェトリなのかどちらのタパなのか分からない場合は、「貴方のジャーティは何ですか?」と聞くことになる。すると、「マガールのタパです」なり、「チェットリのタパです」と返ってくる。

ネパールのカースト制度と職業

ヴァルナ(階級)と職業

ヴァルナ(階級)

カースト制度では人々はヴァルナと呼ばれる階級に分けて配属されていた。ヴァルナは全部で4つあり、ブラーミン、クシャトリヤ、ヴァイシャ、スードラ。しかしこの4つのヴァルナに入れてもらえないグループも存在し、ヴァルナに入れない層はアウトカーストとされていた。つまり、5つの階層があったことになる。順位はブラーミンとクシャトリヤが上位とされ、ヴァイシャが中間、スードラとアウトカーストが下位とされていた。

職業

各ヴァルナにはそのヴァルナにそぐう職業というものが考えられていた。
  • ブラーミンヴァルナは教師や神官など、頭脳を使う職業
  • クシャトリヤヴァルナは戦士や王など、武勇を使う職業
  • ヴァイシャは商人や農民など一般市民の職業
  • スードラとアウトカーストは単純労働や職人工とされていた
しかしそれらはあくまで建前のことで、現実的にはほとんどが自給自足の農家であることが多かった。カーストの職業といえば鉄工(金・銀・銅を使った装飾品)や洗濯カースト、靴加工の仕事などは今も旧時代の名残を色濃く残しているが、それ以外はもはや、あらゆる業種で、かつて専門の職業とされたカーストの人々以外も参入するようになっている。カーストと職業の関わりはだいぶ減少している

ネパールのカーストについてはこちらの記事で詳細まで詰めて分かりやすく解説しています。あわせてどうぞ: