注目の投稿

ネパールはどんな国?

ネパール語の挨拶に見るネパール人の国民性・性格・気質

ネパール語のあいさつは「もうご飯食べた?」

ナマステ〜!は「こんにちは」、だけど初対面のちゃんとした挨拶はナマスカル(ごきげんよう)って言っている。

ネパールは挨拶として、「カーナカヌバヨ?(めし食った?)」と親しい人に言うのがお決まりだ。
食べてても食べてなくても「食べたよ、あなたも?」って返すのが通例。
それでも「何か食べたい?」って聞いてくるからね。
「食べてない」というと、「じゃなに食う?」と言ってホントに作って出すような国。凄いでしょ?ネパール。

朝は「チヤバヨ?」=お茶飲んだ?
お元気ですか?は「サンチャイ⤴?」
なにしてる?は「ケガルダイホ」
いかがお過ごし?は「ケチャ」か「ケチャカバール」
快適にお過ごしですか?は「アラームウンチャ?」

How are you ?? みたいなもんだね。youはどんな心地ですかって本気で尋ねる挨拶じゃないから。

田舎に行けば第一声が「どこから来たのさ?」も挨拶代わり。国籍とかの話じゃないからね。適当に「あっちから〜」でいいし。

先住民や色んな人種の移民やその二世三世だらけでマルチカルチャーになってる欧米ではもはや、人に会うやいきなり「where are you from ?」って聞いたら人によってはセンシティブになるけど、ここは欧米じゃない。
以前、ネパリしかこないローカルの小さな飲食店で白人が飲んでいたら、珍しく思った客のネパリが「where are you from ?」って唐突に質問した。するとその白人、ホントにムッとした顔で「いきなりそれは失礼だ」と睨みつけていた。難しいね。
ネパリは外国人を初めて見ると、単純に憶えている英語「あなたは何人なの?」って気兼ねなく好奇心で聞いてきてるだけなんだ。
番外編
美人編