ネパールのカーミ族(鍛冶職人カースト)

カーミ族はネパールの少数民族の一つで特に金属加工の職を担っていた人々です。カーミ族は大変貧しい者から富めるものまでさまざまいます。昨今は宝石店を経営し大金持ちも出てきています。もともとアーリア系の集団でしたが、最近はタマンなど非ヒンドゥーでカースト意識を持たないモンゴロイド部族と婚姻するようになり、かなりアジア的な顔立ちも増えています。またモンゴロイド系の女性は人気があるというのも要因の一つです。カトマンズでは貴金属店で財を成したカーミも出てきてますが、もともとの暮らしは質素で、独自の炉で金属加工をしていました。店の経営は別のカーストがやってるケースもあります。今はかなり減りましたが、まだ家に炉を構えて金属を打つきわめて伝統的なカーミもまれにいます。カーミの人々は身長こそ低いものの体格が良い人が多いです。また肌の色は違いますが、顔そのものは西洋人風な人も時々います。武器製造や宝石製造など担うセクターがいくつかありました。カーミ族にはビショカルマ(ビカ)、ソナール、ロハール、タマタ、バライリー、ディヤリー、ブシャル、ソナム、などがあります。ネパールの貴金属店のほとんどはカーミ族が経営していますが、昨今カーストと職業の一貫性が希薄になってからは、新型の宝石店として他カーストのお金持ちも参入するようになっています。