タクリ族|ネパールの王族カースト

タクリ族の宮殿 王宮

タクリはカースト制度のヴァルナではチェトリ(クシャトリア=武人階級)に分類されました。王族も武人に含まれます。ローマ字発音ではThakuriと綴られています。似た綴りではインドのラジプット集団にThakurというカーストがありますが、名前は似てますがグループ全体に直接的な関係があるわけではありません。他にはネパールのタカリ族(Thakali)も似ていますが関係ありません。チェトリというのは階層名でもありますが苗字にもあります。

ネパールの王室タクリ族の概要

この投稿をInstagramで見る

Samragyee rajya laxmi shah(@srls_samragyeerlshah)がシェアした投稿

タクリ族のサムラギ・ラジ・ラクシュミ・シャーさん

クシャトリアはネパールではチェトリと呼び、その内部にチェトリ族とタクリ族という大別があります。違いは、タクリは王族の末裔である点です。王族と言っても2000年代初頭まであったネパール王国のビレンドラ王の家系やそのシャハ王朝のみに限定するものではありません。グルカ王国がネパールを統一する以前には地域ごとに王がいました。なのでネパールのタクリと言っても全員親戚であるわけではないです。それぞれの王国のなかでタクリ階層だったそれぞれの人々ということですね。

チェトリとタクリがひとくくりで武人階級ということですが、婚姻などは今もタクリは通常タクリとしか婚姻していません。またタクリには独自の言葉遣いもあり、この点も決定的にチェトリとは違います。またタクリの人々の大多数はチェトリよりも更にモンゴロイド的な要素が濃い顔立ちをしています。純アーリア然としたタクリはほぼいません。

私見ですが私の経験上タクリはマナーの良い人が多く、仕事もきっちりとするタイプが多いと思います。

タクリの苗字は以下が代表的です。

シャハ(シャア)、シン、サヒ、ラナ

この中で特にシンとサヒはネパール西部に多いです。またサヒはネワールのにも存在する苗字(ネワールでは伝統的に肉屋のカーストだったもの)なので、名前だけ聞くとまぎらわしいところがあります。

シャハ(シャア)はペルシャ起源の言葉で王を意味するイスラム世界呼び名ですが、ネパールのシャハ(シャア)はそれと血縁があるわけではありません。ムスリムがインドで隆盛を誇った時代に王をシャアと呼ぶ習慣が根付いたのが由来です。よってタクリはムスリムでもありません。

ラナはマガールにも存在する苗字です。

王族に関するネパール語をご紹介します。
ラジャは王
ラニは女王
ラジクマール
ラジクマリ
サムラギも姫という意味です。

現代では全てのカーストで一般人が名前にこれらの単語を付けるケースがたくさんあります。ラジクマールなどは最も人気な男子の名前です。

タクリ族の美女に二ティ・シャアさんやサムラギ・ラジ・ラクシュミ・シャーさんがいます。