マカオ美人女性・女優5人|澳門女性の魅力的な美女たち

マカオ美人女性 マカオ女性の顔

マカオの場所は香港から西に70キロ離れた対岸の島で、1999年にポルトガルから中国に返還されました。ポルトガルの植民地時代が長かったので公用語はポルトガル語と中国語になっています。本記事はそんなマカオの女性の美しさを、マカオ女性有名人の顔の写真画像を参考に確認します。

マカオ女性の顔立ちの特徴と魅力

マカオ女性

マカオの人々はとても明るく知的で外見的容姿は中国人そのものです。性格は険が無く仲間意識が強いというのはやはり小さい島で培われた皆で頑張るコミュニケーション能力によるものでしょう。顔立ちは滑らかで小さな丸顔が多く、瞳はやや二重が多く、口は北方の中国人より大きめなため、親しみやすいリラックスした表情にも見えます。またポルトガル時代もありましたので人種がミックスした人もいます。

マカオの場所

マカオが辿った歴史を簡単に説明しておきます。ポルトガルは1557年この海域での貿易を欲していたころ、明に協力してマカオに蔓延る海賊を一掃したことでマカオへの居住が認められました。これによりマカオは貿易港として町が発展し始めました。1622年にオランダがマカオを奪取しようとしましたがポルトガルが撃退したことで翌年にはポルトガル人知事を置くこともできるようになりました。それからだいぶ後の1840年代初頭、清の時代になっていたのですが、清がアヘン戦争でイギリスに敗れたのを機にポルトガルもマカオ周辺域を占領してしまいます。そして1887年に清にマカオ割譲を認めさせ植民地化しました。太平洋戦争時日本軍は香港にも進軍しましたが、マカオはポルトガルが中立の立場を示していたため攻撃対象にはならず、世界大戦後もポルトガルによる支配は続きました。1990年代初頭から英中間で香港返還交渉が行われだしたのを機にポルトガルもマカオ返還交渉が始まり、マカオは香港が返還された1996年から3年遅れて1999年に中国に返還されました。中国とあまりにも長い間切り離されていたため、返還後は鄧小平が提唱した「一国二制度」をしばらく実施することになりました。人民解放軍が入っていく様子をテレビで見た記憶がある人も多いのではないでしょうか。

マカオ美人叶蘇霖

マカオ美人女性

1994年生まれ身長170cmのとてもかわいいモデルでマカオを代表する美女です。活発な性格で愛嬌があり多くのファンがいます。笑顔が似合いますね。

マカオ美人Sofia Pavia

マカオの美女

ミスマカオ2017年の身長170cmのゴージャスな美人です。その輪郭の美しい顔だちはミックスしているのが分かります。お人形のような整った顔をしていますね。

マカオ美人イザベラ・リョン

1988年6月23日生まれの女優です。端正な顔立ちですね。

マカオ美人サニーリン

1990年7月22日生まれ身長168cmの有名人です。台湾などにもこういった輪郭が見られる気がします。

マカオ美人梁小冰(Noel Leung)

1969年12月29日生まれ身長163cmのマカオ有名人で、香港とかマカオなど中国南部のステレオタイプな顔立ちかと思います。

中国には色んな顔立ちがありますがマカオはそのなかでもかなり南方系が強く出た顔立ちであることが分かりますね。北方に比べより顔立ちが平坦になり、瞳や唇、鼻など全体的に丸い印象を含んでいます。香港と近いですが女優の見た目にかなり違いがある理由は、香港はより国際都市として多くの人々が集まったのに対し、マカオは香港ほど人の流入がなかったことが伺えます。それはマカオ総人口67万人という数字にもよく表れていることです。以上、マカオの柔らかい表情の美人女性たちでした。