インドの絶世の美女ファラー・ナーズ(女優)があまりにも美し過ぎる

インド美人
多人種他民族のインドですが、インドで美人と言われた顔に関しては昔から今に至るまで常にこういった顔です。80年代インドの美人女優と言えばこのファラー・ナーズさんです。ほとんど化粧してなくても滅茶苦茶綺麗ですね!輪郭がそのまま装飾みたいな。 親戚にボリウッド関係者がいたのでファラーさんも女優活動を始めたそうですが、この美貌ですから女優にならないほうがもったいないですよね。世界の美人は次々に変わっていきます。でもインドの女優達を見てください。変わることがない、変える必要がない、不変の美。完成された美。保存されるべき美。ここまで綺麗だと、種の保存を!と神にお願いしたくなりますね。80年代はまだ整形が今ほど発達していません。つまりこれは本物の美人です。とにかく目が引きこまれ、顔の隅々まで何度も何度も見入ってしまいます。これぞアーリア美人、と言ったところでしょうか…。媚びた表情造りとは一線を画すこの神妙な面持ち。媚びるどころかより偉大な存在に見えるオーラ。もう一度こういう女性アイドルが出てくる時代は来ないのか!?