注目の投稿

ネパールのカースト制度・人種・苗字・階級・歴史をわかりやすく解説

ネパールでは苗字や人種で人の扱いを区別する制度が存在していました。一般的にカースト制度と呼ばれます。この記事では、ネパールのカースト制度の仕組み、歴史、現状まで徹底的に解説していきます。

今日のネパール美人 No. 10

ネパール人美人と言っても色んな顔があります。今回のネパール人女性は洋風な顔立ちです。チェトリだと思います。 笑顔がとてもキュートで人懐っこい表情しています。民族衣装はモンゴロイド諸族っぽいものを着ていました。お祭りでみんなで楽しんでいるのです。そういった日は、どんな衣装を着るかに深い意味はありません。
三十代前半、二十代、十代のネパール人たちできちんとした教育を受けえている人々は、カースト意識に対して否定的な考えを持っています。特に都市部ではカーストを超えた交流は常態化していて、友情と良識をもった人間性が好まれる風潮が強くなってきています。
若者たちはポジティブで人間愛のある新たな形でつながりを作っていっています。ネパールでは色んな人種が入り乱れ、個性豊かな面々が輪になっているのも珍しくありません。 若者に関して言えば、カーストによる慣習を固持するのはもはや無教養な人々や村落の一部にみられる程度で、マイノリティになりつつあります。