ボリウッド女優ソーナークシー・シンハー (Sonakshi Sinha) のパワフルな魅力

ソーナークシー・シンハー 1987年生まれのインド美人ソーナークシー・シンハー(ソナクシ・シンハ)さんは1987年6月2日生まれでインドの芸能界(ボリウッド映画界とテレビ業界ともに)で最も人気があるな女性の一人です。ソナクシさんのお父さんはシャトルガン・シンハという名前で1970年代から俳優、2000年代からはパトナーの政治家をしています。お父さんと同じようにソナクシさんも芸能界に関心がありましたが、ソナクシさんの場合2005年に修了したファッションデザイナーとして映画界に関わっていました。
ソナクシさんが俳優としてデビューすることになったのは、2010年にボリウッド映画のスーパースターであるサルマン・カーン主演映画「ダバング」にヒロインとして起用された時でした。サルマンカーンは彼が出演する映画で多くの新人ヒロインを有名にしてきました。ソナクシもその一人です。ソナクシはサルマンカーンの大ファンであり非常に好意をもっていたそうですが、サルマンは相手にしなかったようです。少し太り気味の女性が好まれるインドでは、ソナクシさんの体形はどんぴしゃであったことと、保守的な顔立ちが多いボリウッド女優の中で、積極的でパワフルで躍動的な顔が新風を巻き起こしました。女性の活躍を許容するリベラル思考がインドに波及し始めたころ合いも良かったかもしれません。鼻の形に対する好みはインドでも大きく分かれ、長い鼻を綺麗と感じる人と、長い鼻をなんて長い鼻なんだ!オーバーだ!と感じる人とがいるそうです。ソナクシさんの場合はインド美人にありがちな整いすぎて冷たい印象は無く目がとても元気がある印象ですね。実際、テレビショーなどで話すソナクシさんはとても温かみがあるパーソナリティで率直で大らかに話をしています。そんなところも人気が出た理由の一つかもしれませんね。 またソナクシさんはオデコも特徴的で覚えやすい顔ではないでしょうか。広くて綺麗な曲線のオデコには、びっしりと生えそろった毛髪がとても似合ってます。 顔だけではなく、インドでは健全なる肉体も美の象徴として厳しい基準が求められています。ソナクシさんのボディラインはとても健康的でほんとに恵まれた体格であると言えるでしょう。痩せ型モデルではとても出せないこの圧倒的な存在感に更に、腰の位置が高く長い脚によってヘルシーな印象が一層際立っています。
かっこよいスタイルですね。元気のある体、ポジティブな表情、服装センスや仕草などなど、有り余ったエナジーを放出しているオーラがありますね。

ソーナークシー・シンハー (Sonakshi Sinha) のプロフィール

ソーナークシー・シンハー (Sonakshi Sinha) のプロフィール
ニックネーム ソナ
職業 女優
身長 169cm
体重 70kg
目の色 ブラウン
誕生日 1987年6月2日
出生地 ムンバイ
実家 パトナー
専攻科目 ファッションデザイン
信仰 ヒンズー教