注目の投稿

ネパールはどんな国?

ネパールの売春カースト・バディ女性の少女時代の話が壮絶すぎる

(動画はYouTubeから引用)

ネパールのカースト制度には、売春をするカーストまであったという。 この美人な女性はバルディア出身のラビナ・バディ。年齢は19歳のネパール人女性だ。彼女はこの記事で後述する売春カーストの女性。彼女は勇気を持って、自らがおかれてきた過酷な環境を語った。この記事では、始めに彼女がどういったことを喋っているのかを私が日本語に訳して解説、次にこの女性が所属するバディというカーストについて、そしてネパールの売春風俗事情について3つに分けておおまかに書いてゆく。

ネパール人バディ女性が語った内容

和訳:
食べるご飯もなく、道に座っていた。赤ん坊が空腹でも乳が出ない。インド系の女性は彼女を不憫に思い、自分の乳を赤子にあげた。道行く人がやがて集まり、どうしたの?と心配の声をかけてくれた。そうして、救い出してくれたという。

そうしてやがて彼女はフェイスブックで男性と知り合って再婚した。男性はメディア関係の仕事をしていたという。独身か?と聞かれたので、独身ではなく、子供もいると伝えもした。

ここまで来るのは長かったと。12歳のころ、同じダリットの違うグループの男性からレイプされ、結婚を強いられた。日に何度もセックスを強要されていたという。妊娠してからはお腹の子のためにセックスを拒んだが、頭を叩かれるなど、暴力をうけ今も時々頭痛がするという。元旦那は120万で赤子を売るべく人身売買希望者を探したという。出産後、男性は120万で買う人間が見つかったと突然言った。女性は驚き、なぜ売る必要があるのか、絶対にそんなことはしない、赤子を連れ去るなら警察を呼ぶと言って抵抗した。

以上、壮絶な内容である。

ネパールのバディというカーストについて

カースト制度のダリット

バディの人々はネパール西部に分布。特にバルディア、ネパールガンジからダン、ゴラヒにかけてに人口が多いと言われる。*不可触とされた人々(現在はダリットと総称されている)のなかでも最下層の扱いを受けた人々である。カーストごとに職が割り振られていた社会において、この人々は権力者に女性を提供することを課せられていたという。それが、権力の弱体化とともにより多くの人々に提供するしかなくなったという見方もあるようだ。

20世紀中頃にカースト制度が廃止されて以降も蔑視されていた。

カースト制度の不可触民という差別

*不可触というのは、文字通り触れられないという意味。触れられない民とされ、家の出入り禁止、水や生ものの受け取りの禁止、共用井戸・ポンプの使用の禁止などがあり、ネパール王国の法『ムルキ・アイン(ヒンズー的慣習を土台にして作られた憲法)』によって決定されていた。そういった不可触の対象にされていた人々は"パニナチャルネ"(意味:水の共用不可)と呼ばれ忌み嫌われた。英語でアンタッチャブルと訳されることもある。

不可触であるはずが、上のカーストがバディの女性と性行為することは許されていたという。この法がいかに一部の人間によって都合良くつくられたものであったかが分かる。

ネパールの売春、性風俗の実情

ネパールは人身売買の取り締まりを強化した

と、以上までを書くとさもネパールの売春はバディがしていると誤解が起きるかもしれないので書いておく。 そもそも売春婦にはすべてのカーストがいると見られる。ネパールは売春の取り締まりを強化してきた。ネパール人から聞いた話では、以前は不埒にも地元民などはバザーに座った女性と交渉して売春していたらしい。また、ポカラなどは国内の旅人が集まる場所に風俗街のような場所があったが今は取り締まり強化でそういったことをする店はなくなっている。すばらしい努力だ。

しかしカトマンズには唯一タメルにマッサージ屋と称した風俗店(周辺の人はそこで性行為が行われていることを周知)が何軒かある。あれはどうして消えないのだろうか。

援助交際型のように個人レベルで行われるタイプにネパールの売春は変化

表に風俗店は無いが、売春が完全に撲滅されたわけではない。ネパールの売春は取り締まりの強化によって完全に水面下に潜った。知人のネットワークで固定客限定、しかも私宅が使われるようになってカップルなのかデートなのかもはや見分けもつかなくなっているという。
また、セクシーダンスバーなどのコンパニオンと直接仲良くなって交渉するケースもあるようで、それももはや付き合っていたり、友達としてプライベートに会っただけかそうでないかの境界線をはっきりと視認することは不可能である。

余談として一つ

ところで、余談として、私はタライの高速を走ったことがあって、中西部を夜間バスで走ったころ、ハイウェイでバスがいったんとまって二人の娼婦を乗せたことがあった。彼女たちは乗客に愛想をふりまきながら、一番後ろの座席までいった。すると、乗客のうち二人が後部座席に移動していった。女性とたわむれるような声がしばらくしていたが、そのうちバスは再び止まって女性二人は夜の帳のなかに降りていった。あれはひょっとすると?二人ともケラケラ笑いながらバスに乗ってきて、またケラケラ笑いながら実にあっけらかんと出て行ったのが印象に残っている。

番外編
美人編