注目の投稿

ネパールの日常風景② カトマンズモール前

都会ではネパールと言えども他の外国と同じようなファッションになってきている。むしろ、『ファッションとはかくありき』の概念がまだないので、利便性優先。よって、大胆な組み合わせも多く、それがかえって斬新に見えるぐらいで、ファッションはかえって先を行っているんじゃないだろうか。モンゴロイドがたまたまたくさん写っているが、それでもご覧の通り、多種多様な顔、多種多様な服装がいる。この建物の耐震構造は不明だが、一応2015年のネパール大地震は耐えた。