注目の投稿

ネパールはどんな国?

ネパールの各人種ごとの美人

この記事では、多民族国家ネパール人の美人な女性の写真(画像)を人種ごとにリストしてゆき、特徴や関連する事情を解説します。
こちらの記事もあわせてどうぞ:
目次

ネパール人女性の顔立ちと種類

ネパールの人種

ネパールはインドの北方、ヒマラヤ山脈にある国です。人口約3000万人で国土面積はだいたい北朝鮮より一回り大きいぐらいです。実は2008年に王制が終わって民主化したばかりです。1996年から2006年まで内戦もあっていました。カースト制度は1963年に廃止されていましたが、今もってその名残りのある社会です。そんなネパールには二種類のメジャーな人種がいます。ネパール人の顔立ちには2種類あるということです。一つがアーリア人系、もう一つがモンゴロイド系です。このミックスもいますが、通常はしっかりと顔立ちで分かれています。カースト制度が続いたため、異民族間の混血率が低く抑えられていたためです。名字でおよその階級がわかるのが特徴です。(異カースト婚によって名字だけバウン、階級はチェトリに堕ちているケースもあるが)
アーリア系
中間のような顔
モンゴロイド系

ネパールのアーリア系

アーリア人は有史以前のある時期に中央アジアから南下してきた人々を祖にしているとも言われていますが、もとを辿れる範囲で言えば、ネパールのアーリア系にはインド、パンジャブやカシミール、中東に由来を持っている人々がいることがその苗字からうかがえます。顔立ちもインド人部と変わらない人たちもいます。また、スペインやイタリア、東ヨーロッパを思わせる顔立ちも少数ながらいます。

ネパールのモンゴロイド

対して、ネパールのモンゴロイドはビルマやチベット、中国雲南省から山伝いに入ってきたと言われています。顔立ちはフィリピンやベトナム、東南アジアっぽい人が主流ですが、なかには日本人や中国人と見分けがつかない系統もいます。

ネパールは多民族社会

違いは顔立ちだけではありません。カースト制度は各民族ごとの血統だけでなく、文化が混ざり合うことも抑制していました。これは女性の恋愛における行動にも違いを生んでいます。ネパールでは一般的に、アーリア系の女性は保守的なのにに比べ、モンゴロイド系の女性はリベラルです。 ネパールはモデルや女優になる人々は限られていますので、一般のほうが美人が多いと思いますが、以下、1アーリア系、2アーリア系とモンゴロイド系のミックス、3モンゴロイド系の順番で各美人をリストしてゆきます。(昔の日本がそうであったように、モデル・俳優・芸能人になりたがる人が少ない)

ネパールのアーリア人の美人

ネパール美人 Sujata Koirala (スジャタ・コイララ)

スジャータという名前は"良質"という意味。コイララはネパールのバウンである。ちなみに、この女性とは関係ないが、インドで一番最初でしかも一番有名になったネパール人女優はニーサ・コイララだった。

ネパール美人 Pooja Sharma (プジャ・シャルマ)

プジャとはヒンズーで"礼拝"を意味する。シャルマはインドやネパール、バングラデシュなどのヒンズー国家で見られる最も代表的な苗字である。

ネパール美人 Reecha Ghimire (リーチャ・ギミレ)

ネパール美人 Amrita Acharia (アムリタ・アチャリャ)

アムリタはサンスクリット語のアムリットからきていて意味は"永遠の命"。

ネパール美人 Arunima Lamsal (アルニマ・ラムサル)

アルニマは暁色という意味。ヒンズー圏は赤は一般的でとても人気のある色である。

ネパール美人 Shilpa Pokhrel (シルパ・ポクレル)

ネパール美人 Sumina Ghimire (スミナ・ギミレ)

アーリア系ネパール人女性の性格・民族性・特徴

ネパールの村々へ行くと目を見張るような凄まじいアーリア美人がいたりします。そういった女性たちは都会には出てこず、村で早々と結婚して家庭に入っているため、なかなか目にすることはできません。都市部では自由な恋愛もだいぶ増えてきていますが、ネパール全体で言うと、まだまだ遊びとは無縁のかなり真面目な人々が多いです。ネパールのアーリア人はほとんどがヒンズー教徒です。チャウパディプラタと呼ばれる、初潮が来た女の子を小屋に隔離する風習は今も残っているところもあります。10年ぐらい前までは大勢の女性が当たり前のこととしてそうしていました。

アーリア系とモンゴロイド系のミックスした様な美人

ネパール美人 Romi Wani Ghimire (ロミ・ワニ・ギミレ)

とても綺麗な顔立ちです。なめらかで可愛い女性的な雰囲気ですが、顔立ちはなかなか立派。それもネパール人美人女性の魅力の一つでしょう。

ネパール美人 Richa Singh Thakuri (リチャ・シン・タクリ)

シンは戦士階級の王族カースト(タクリ)の典型的な苗字である。

ネパール美人 Aditi Budathoki (アディティ・ブダトキ)

ネパール美人 Swastima Khadka (ソスティマ・カドカ)

カドカはサンスクリット語で剣を意味する。旧時代に剣に関わった人々で、主に剣士(戦士)の家系である。チェトリや、かつてネパール中部で勢力を誇ったマガール族に見られる苗字である。

ネパール美人 Namrata Shrestha (ナムラタ・スレスタ)

スレスタはネワールの最も一般的な苗字である。カトマンズで最も遭遇率の高い苗字と言っても過言ではないだろう。とにかくスレスタだらけだ。

ネパール美人 Subekshya Khadka (スベクシャ・カドカ)

ネパール美人 Niti Shah (ニティ・シャア)

シャアはタクリ(ネパールにかつて多く存在した諸王家)の最も代表的な苗字の一つである。語源はペルシャのシャア(皇帝)からきているが、ネパールのタクリはイスラム教やペルシャとはなんら関係はない。かつてインドでムガール帝国(イスラム化)が興ったころ、王はシャアと呼称された。そのため、ネパールでも単純に王をシャアと表現する影響が出たと言われている。

ネパール美人 Anjana Das (アンジャナ・ダス)

ネパール美人 Nisha Adhikari (ニシャ・アディカリ)

アディカリは通常チェトリである。

ネパール美人 Barsha Raut (バルサ・ラウト)

映画『chakka panja』で老人と結婚する二十歳の女性を演じ、一躍有名になった。日本ではデブと言われかねないふっくらとした肉体はヒンズー圏ではネガティブに見られることはない。ヒンズー圏でも最近は若者を中心に急速にややスリムかフィットな肉体が人気になってきてはいるが、それでもふっくらした肉体もまだまだ許容されている。)

アーリア系とモンゴロイド系のミックスした様な女性の特徴

こういったミックス系の顔は万人受けが良く、ネパールで最もポピュラーな顔立ちです。モデルもこの層の美しい女性が多数起用されています。チェトリやネワールに多い顔立ちです。 二つの人種が分かれている国であるからこそ、その中間のような顔が双方から支持をとって人気の合計数値が高くなるのでしょう。基本的にこういったミックス顔の人々は、限りなくアーリアに近いモンゴロイドであり、限りなくモンゴロイドに近いアーリアでもありますが、通常ほとんどの場合、自らをアーリア系と表現したがる人が多いのがネパールの特異点です。モンゴロイド系だと自認する人はほとんどいないでしょう。外国では世界の人種分布に明るく、混血も多いためすぐにミックスと認識されるのとは対照的です。

ネパールのモンゴロイドの美人

ネパール美人 Subin Limbu (スビン・リンブー)

リンブ―の人々はネパールの極東を出身にしている。もともとヒンズーではなく、独自のキラント教を信仰しており、容姿もネパールのなかでは最も東洋的である。

Prakriti Shrestha (プラクリティ・スレスタ)

ネパール美人 Alisha Rai (アリサ・ライ)

ライはリンブ―と並んでネパールのキラント教勢力であり、拠点は極東である。カースト制度に屈服したことのない民族としてネパール政府からは認知されているとのことだが、人口マジョリティであるヒンズー教徒からはバイシャ(中間層)とみなされている。

ネパール美人 Malvika Subba (マルビカ・スバ)

ネパール美人 Sahana Bajracharya (サハナ・バジラチャリャ)

ネワールにはネパールのカースト制度では中間層に位置づけられている。そしてさらに、ネワール社会内でのみ通用するカーストを持っている。ネワール社会にはヒンズー勢力と仏教勢力が共存しており、苗字やネワールカーストでしっかりと区別されている。バジラチャラはネワールの仏教勢力の僧侶階級である。仏教勢力では最高位のカーストで、彼らは時にグル・ジュと呼ばれることもある。

ネパール美人 Samragyee Rajya Laxmi Shah (サムラジ・ラジャ・ラクスミ・シャア)

ネパール美人 Jharana Bajracharya (ジャラナ・バジラチャリャ)

モンゴロイド系ネパール人女性の特徴

モンゴロイドの女性たちはわりと自由を尊重されています。恋愛も自らの意思で比較的柔軟に対応することが認められています。ネパールでは実は、こういったモンゴロイド系の顔立ちはわりとカワイイと認識されています。アーリア系から見ると、一部のモンゴロイドの顔はそれなりに異国的で魅力的なのかもしれません。ミュージックビデオのモデル・女優・シンガー・ダンサーなど、多様なエンターテイメントに出演して大変賑わいを見せています。 これはインドでも同じです。インド人のアーリア系男性も中国人のような顔を特に好みます。私が見てきたなかでは、ヨーロッパ系の旅行者も、ネパール人女性と結婚したケースはこのモンゴロイド系が多かったです。いかがでしたか。以上がネパール人の美女たちです。美しいだけでなく、とても迫力があってカッコいいですね。 その他の美人画像はこちらの記事をどうぞ。以下写真集:
番外編
美人編