注目の投稿

ネパールはどんな国?

ヘトウラでマリファナ200キロ超を押収 マクワンプル郡,ネパール,

マクワンプル郡でインドにマリファナ(大麻)を密売しようとしていた男6人組が逮捕された。その量、一度になんと200キロ!! ネパールにはマリファナがそのへんに群生していることもある。ガンジャと呼ばれ、古くから吸引する人々もいたようだ。しかし、実際にネパールの日常生活でマリファナを吸っている者はほとんどいない。マリファナは主に外国人旅行者が買い求めて吸引している。タメルなどでも通りを歩く外国人に「ダーマ」「大麻」「ガンジャ」「マリワナ」と声をかけているドラッグディーラー(ヤクの売人)がいるのは、それだけ買っている外国人がいるということでもある。日本人にもなぜかマリファナを吸いたがる人がいる。アメリカのカリフォルニアではマリファナ合法化があれだけ支持されたのに比べ、マリファナが群生しているネパールではそれほどマリファナ支持者はいないのが対照的である。カリフォルニアでは21歳以上のマリファナ吸引が合法化、これによりガンジャヨガと呼ばれるマリファナの効用とヨガをコラボさせたクラスまで登場しているらしい。カナダでは目の治療にマリファナが使われるとかなんとか。麻薬の売買で資金を得ていたギャングにとって痛手になるとか、マリファナ業界という新たな分野ができ雇用が生まれるとかいうもっともらしい分析もあるようだが、マリファナ合法化して以来、交通事故が多発しているという情報もある。依存性が低いと言うが、大麻を吸いたがる人間は一日中吸ったり、罰則があっても吸いたがる点から考えて、ふつうに中毒反応なのではないだろうか。
番外編
美人編