注目の投稿

ネパールはどんな国?

バングラデシュ人女性の性格や特徴

この記事では、美女の多いバングラデシュ人の女性の性格や特徴、恋愛・結婚事情について解説してゆきます。
こちらの記事もあわせてどうぞ:

バングラデシュ人のバックグラウンド

バングラデシュの国旗は日章旗とそっくり

バングラデシュと言えば日の丸そっくりの国旗です。初代大統領が国旗を決める際に日本人旗章学者に相談して決めたとも言われていますし、或いは、パキスタンから分裂する際に、パキスタンが緑地に月ならば、バングラデシュは正反対の太陽でいこうと決めたとも言われています。

バングラデシュは人口が多く、新市場としてのポテンシャルがある

バングラデシュは今、その人口の多さ(1億6千万人)と、立地の適正さ(海岸線)で、多国籍企業によっての新市場としてビジネスのスポットライトが当たり、経済発展が進んでいます。

バングラデシュ人は同胞意識の強い国

バングラデシュの女性はとても親思い、非常に庶民的で何でもお話しする、これでピンときた人いますか? バングラデシュ人はとってもグループ意識が強いんです。そして、このグループ意識で一人一人が繋がっていくことで、国民全体で大きな知人ネットワークがシェアされているような状態になっています。 ですから、知人の知人とか簡単に見つかったりするんです。 そういう国の女性たちであるというのがまず最初に一つ。

バングラデシュ人のハーフの芸能人ローラ

バングラデシュと言う国を、有名人になったモデルのローラさんをきっかけで知った人もいると思います。彼女はハーフですから、バングラデシュ人の顔とはやはり多少違うように思います。

バングラデシュ人女性の特性

バングラデシュの女性は綺麗

さて、バングラデシュの女性たちは南アジアのなかでも非常に瞳が大きい方です。そして、体の線がとても細いんです。ふっくらしている女性でも、骨格そのものはとっても細いです。その線の細さがあるから、ふっくらとしていても太っているというよりは、健康に見える得な点があります。腰など、外国人の骨盤の大きさから比較すると、とても小さく、ボディラインがまっすぐとしていて大変スタイルが良く見えます。肌の色はキレイな褐色です。

バングラデシュの女性の服装

バングラデシュの女性は常にサルワル・カミーズという民族衣装を着ています。インドのクルタスルワルに似ています。 国民の女性のほとんどがこれを着るのです。 保守的だからでもあるでしょうけど、これだけ可愛く実用的な民族衣装があれば着続けますよね。その点、日本の着物は残念でした。 生地屋には安くて美しい柄の反物がたくさんそろっていて、それを買ってオーダーメイドの仕立屋にもっていって作っています。 日本のようにファッションはこうでないといけない!といったものはなく、それぞれの女の子が思い思いの好みのデザインで注文するのですけれども、彼女達センスあるんですねえ。なかなかお洒落なんですよできあがったそれらが。 基本的に日本の女の子のような肌を露出させた格好やユニセックスな恰好はせず、極力露出をひかえますが、かえってそれがとても女性的でキレイに見えるのですね。 そしてやはりインド文化圏、特別な日にはサリーを着ます。 頭にはスカーフを巻き、顔を隠すこともあります。それはヒジャブと呼ばれています。ムスリムの習慣ですね。

バングラデシュの女性の性格

大変人懐っこいのです。というのも、男性優位社会ですから、男性に対してはお兄さんと話す無邪気な妹のような態度も珍しくありません。 男性優位と言っても、ただ萎縮して何も話さないわけではありません。 一度結婚すれば、生涯夫に従って生きてゆくということです。 離婚という考え方は希薄です。思考そのものがとても家庭的であり、一先ず家庭に入ってきちっと家族の一員として生きることが、むしろ当たり前の感覚になっています。

バングラデシュの女性はセルフィが好き

セルフィをとるのが大好きです。これはバングラに限らず、南アジアの女性は恥ずかしげもなくお姫様のようなポーズでバシャバシャ撮っています。

バングラデシュの女性を取り巻く環境

バングラデシュの恋愛事情

そういうわけで、バングラデシュ人のなかには、恋愛も知らずに結婚していく人たちが大勢います。というか、本当のところ婚前に性行為をすることは「違法」ですし、恋愛をするというのはお見合いなどにネガティブな情報になります。自由奔放に生きているのはごく一部で、通常は恋愛をするというのは少ないのです。

バングラデシュの結婚事情

そして、バングラデシュでは伝統的にも早い結婚が尊ばれるため、若くてキレイな女性ほど結婚するのが早い。 これは実は状況や考え方によっては素晴らしいことでもあるんですけどね。 インドのダウリ―と同じく、バングラデシュにも廃止されたがダウリ―があった。  昔は女性が男性に渡す多額の持参金が結婚の質を決定していたのだ。 そんなバングラデシュの実際の結婚年齢は驚きですよ。バングラデシュではいまだに15歳ぐらいでの結婚が一般的だと聞きます。しかも歳の差結婚も許容されているとか。 強制結婚も多々あるようです。強制というか、しなくてはならないという義務感で、本人も同意してしまうケースもあると思いますが。

バングラデシュの児童婚

法では男性は21歳、女性は18歳から合法的に結婚できるとなっていますが、児童婚も特定のケースでは許されるとなっています。駆け落ちしたり、DVに晒されていたり、レイプされたり、婚前に妊娠してしまっている場合は、児童婚が許されています。結婚して面倒をみるよう、保護する動きともとれますが、不当な児童婚に利用されるという指摘もでています。

バングラデシュの一夫多妻

バングラデシュでは夫が複数の妻を持つことはOKです。とは言っても、妻は異議を唱えることは可能です。しかし、反対していると夫婦の仲が冷める可能性もでてきますし、離婚される危機もでてきますし、実際、女性は夫無しでは食べていけませんから、言わないだけで我慢しているケースが考えられます。とはいっても、誰もが一夫多妻をしているわけではなく、経済的にかなり力のある男性がするぐらいですし、経済的に力があれば誰でも一夫多妻というわけでもありません。

バングラデシュの女性の地位

バングラデシュの女性の服装のセクションで、肌を露出するのをひかえると記述しましたが、これは女性に対する考え方も影響しています。女性は社会進出するより、家庭をしっかり切り盛りするように、という伝統的な価値観があったらです。しかし、最近では女性の地位を向上するように考える人が増え始め、徐々にですが気風は変わってきつつあります。

バングラデシュの女性差別

女性差別の典型例となっていたのが、女性には充分な教育は必要ないという考え方でした。これは、早いうちから結婚するという伝統的な社会の慣習とあいまって、学校に行くより結婚ということが優先されてきました。女性は男性の言うことを聞くのが当たり前という潜在意識は、頻繁にDV行為につながったり、DVを通り越して、アシッドアタックなどの犯罪につながるケースもありました。根本には、言うことを聞かない女性をこらしめるという思考に起因しています。

バングラデシュの豆知識

バングラデシュの通貨

バングラデシュの通貨はタカとポイシャです。ドルとセントのように、タカとポイシャがあります。つまり、100セントが1ドルであるように、100ポイシャが1タカになります。実はバングラデシュの紙幣は偽造防止のために、日本の技術で印刷されていた時代もありました。

バングラデシュの料理

バングラデシュの料理は基本的にカレー味です。というのも、バングラデシュはもともとインドの一部でした。そのため、食べ物もカレーが基本です。ただ、インドカレーに比べ、ややほんの少しだけなんとなく東南アジア風のカレーっぽさもあります。とっても美味しいですので、ぜひ試してみてください。

バングラデシュの宗教

宗教はイスラム教が大多数です。ヒンズーとはかなり違います。もともとインドから分離したのも、この宗教による区分がもとになっていました。

バングラデシュの治安

アシッド・アタック

南アジアや中東ではアシッド・アタックと呼ばれる硫酸をおもに女性の顔にかけて顔を火傷・溶けさせる極めて悪質な制裁が問題になっていますが、バングラデシュはそのなかでも1番多いと言われています。女性のおかれた立場、女性に対する扱いが改善されていかなければなりません。

バングラデシュは売春が合法

世界的に、売春が合法である国は少ない。そのため、マッサージなどと表向きには看板を出している風俗店と呼ばれるタイプがある国は多いのだが、バングラデシュでは性の売春・買春は合法。赤線地帯とも呼ばれる指定のエリアは売春宿の運営が許されている。バングラデシュは風俗にとくにうるさいイスラムの国でもあるはずなのだが・・・。バングラデシュの売春は人身売買などの温床になっているとも言われている。

こちらの記事もあわせてどうぞ

番外編
美人編