注目の投稿

ネパールはどんな国?

バングラデシュ美人女性名鑑

この記事では、バングラデシュ人美人の写真(画像)をリストしてゆきます。

バングラデシュの歴史を軽くおさらい

南アジアの国バングラデシュについてまず軽くおさらいします。バングラデシュは上の世界地図の赤い部分にある国です。

バングラデシュの国旗

なんと、バングラデシュは国旗が日の丸そっくりな国です。日本の日の丸を参考にしたと言われています。また後述する、パキスタンから独立するとき、パキスタンが月なら、バングラデシュはその正反対の太陽にしたとも言われています。

イスラム圏としてインドから独立

元々バングラデシュはパキスタンと共にインドの一部でした。インドがイギリスから1947年に独立、パキスタンとバングラデシュの地域はイスラム教徒が多かったため、ヒンドゥ教が主流の地域と共に独立することはしませんでした。独立したヒンドゥ教の地域はインド共和国という国になり、パキスタンとバンラデシュはパキスタンという国名で保留、インド本体から分離するかっこうになりました。

ベンガル人としてパキスタンからも独立

そしてその後、1971年にバングラデシュの地域はベンガル人の国としてパキスタンからも分離し独立しました。まあ、どちらもインドから分離した地域であり、そのため、多少の差はありますが、インド人と基本的には同じ良く似ています。そのため美人も似ています。

バングラデシュは人口密度が高い

バングラデシュ国の人口は1億5千万人、国土面積はネパールと同じぐらいです。凄まじい人口密度の高さです。公用語はベンガル語。ミャンマーで迫害され問題になっているロヒンギャ民族をバングラデシュは受け入れ、解決するべく温和で献身的な対応をしてきた国でもありますよ。

ローラ バングラデシュと日本人のハーフ

バングラデシュと言えば芸能人のローラを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、彼女はハーフ(ミックス)ですからそれほど濃くなく、顔つきもかなり平坦でモンゴロイドに見えますね。 こちらの記事もあわせてどうぞ:

他人種国家バングラデシュ

一般的にはバングラデシュはもともとインドでしたから、インドと同様に色んな民族・人種が介在しています。ドラビダ系、オーストラロイド系、ビルマ系、アーリア系、そしてそれらのミックス系、多種多様な容姿であふれています。しかし北東アジアの日中韓のようなモンゴロイドが、インドのアッサムにミゾ族やメイテイ族がいたり、ネパールにシェルパ族やタマン族などがいるのとは違い、バングラデシュにはそのようなモンゴロイドは少ないようです。
さて、前置きはこのへんにして、バングラデシュのインドに勝るとも劣らない凄まじい絶世の美女たちを見てゆきましょう。ローラがバングラデシュ人の顔と思っていたら大間違いです!

バングラデシュの美人女性たちの特徴は濃い顔

Bidya Sinha (ビディヤ スィナ) バングラデシュ美人

生年月日: 1992年11月10日 南国風の骨の細い感じが軽やかで素敵ですね インスタのページ

Pori Moni (ポリ モニ) バングラデシュ美人

生年月日: 1992年10月24日 ネパールのチェトリにいそうな顔立ちです。

Apu Biswas (アプ ビスヴァス) バングラデシュ美人

生年月日: 1989年10月11日 (年齢 28歳) 南国美人の典型的な雰囲気が魅力的です。ふっくらしているのに重たく見えません。

Monalisa Mozeza Ashraf (モナリサ モゼザ アスラフ) バングラデシュ美人

生年月日: 1984年10月5日 これぐらシャキっとした美女は年が経ってもカッコイイですね。 ツイッターの公式ページ

Amrita Khan (アムリタ カーン) バングラデシュ美人

生年月日: 1997年12月24日 カーンと言えばバングラデスに限らず南アジアの国々で共通するイスラム教徒の典型的な名字です。 フェイスブックのオフィシャルページ

Afiea Nusrat Barsha (アフィア ヌスラット バルサ) バングラデシュ美人

生年月日: 1991年2月25日 これもネパール人にいそうな顔立ちです。 インスタグラム

Achol (アチョル) バングラデシュ美人

生年月日: 秘密 フィリピンとかにもいそうな感じがしなくなくもないですが・・・。

Sadia Jahan Prova (サディア ジャハン プロバ) バングラデシュ美人

生年月日: 1988年2月13日 ツイッターページ

Kusum Sikder (クスム スィクダー) バングラデシュ美人

生年月日: 1983年4月12日

Anika Kabir Shokh (アニカ カニル ソク) バングラデシュ美人

生年月日: 1993年10月 もの凄く彫りが深くて美人なんです。メイクがどぎついですが、それでも肯定的に見えてしまうのは、そのもともと濃い輪郭の美人さが濃いメイクにマッチしているからでしょう。 インスタページ

バングラデシュ人の美人女性を見た感想まとめ

やはり元インドだけあって、ものすごい美人の完成度の高さですよね?血の濃度は違っても、アーリア系がやはり入っていますから、整い方が凄まじいです。

バングラデシュ人女性の特徴

特徴はずばり、顔がものすごく濃い!ということです。 バングラデシュに行ってみたい!って思いましたか?バングラデシュは今もってサルワル・カミーズと呼ばれる伝統衣装を着た女性たちが多く、とても異国情緒があります。色使いもとても派手ですね。やはり南国です。気風も陽気で適当、あまり争い合いはしません。個人的にはバングラデシュの人で高圧的な人は観たことありません。気取りがなくとても家庭的で良い感じです。しかし、言いたいことは言い合う、それは寛容な社会だからなんです。言い争うというのとはちょっと違うんです。

バングラデシュは物価が安い

バングラデシュは非常に物価の安い国ですね。海にも面してますから物は流通しています。ダージリンなどにも近く、ダージリンと同じくイギリスの影響でバングラデシュでも紅茶が盛んです。

バングラデシュのテロ

しかしバングラデシュでは時々テロが起きています。近年では2016年のダッカで起きたイスラム過激派によるレストラン立て籠もりのテロ事件。外国人としては日本人、イタリア人、アメリカ人が死亡していますが、そもそも外国人を狙っていたとも言われています。人質である外国人にイスラム教の聖典であるコーランを暗唱させ、できない者は殺してしまったととかいう話もあるようですが、とても恐ろしい事件ですね。
その他の美人画像はこちらの記事をどうぞ。以下写真集:
番外編
美人編