注目の投稿

ネパールはどんな国?

シャルマというインドとネパールに共通するカースト(苗字)

インドやネパールでシャルマと言う苗字を頻繁に聞いたことがある人もいるだろう。実際、シャルマは多いのだが、なぜ二か国に?シャルマとはなんだろうか?と。

一説には、シャルマはシャーマンという言葉からきているとも、或いは、サンスクリット語の幸福という言葉からきているとも、或いは高みを表したり、教鞭を振るう者を意味するとも言われている。アーリア系の苗字である。 シャルマと言う姓はインドでもネパールでも、2か国ともに通常ブラーミンである。※ただし、ネワールにも一部でシャルマ姓が見られる。また、父親のシャルマ姓を受け継いでいるだけで、実際には他の部族と混血している場合もある。その場合はチェトリに分類される。さらに、ビハール州ではブラーミン以外のシャルマ姓もみられる。 
バウンが混血した場合のルールについてはこちらの記事をどうぞ:
上記の例外を省くと、シャルマはブラーミンの最も代表的な苗字と言えよう。田中と言えば日本人であることが分かるように、シャルマと言えば一先ずインドかネパールのブラーミンであることが分かる。 ブラーミンの苗字は地域ごとに変化しているが、シャルマはインドでもネパールでもその全域で散見される。しかし例外がある。ウッタルプラデシュやビハールではシャルマは下層とされたカースト(ダリット)の苗字になっている。

なぜインドでもネパールでも苗字と人種が共通しているのかというと、インドとネパールはもともと古代のルーツを同じにする人々が多いからである。現代のように国境の管理が行き届かない時代においては、人間は土地から土地に移りすんで、徐々に生活圏が広がってゆく。当然、モンゴロイドも中国やビルマ経由でネパールまで入ってきていたし、アーリア人もインド経由でジワジワとネパールまで入ってきて、ネパールの半分はアーリア系、半分はモンゴロイド系になっている。

注目なのは、ルーツが同じ。そしてこの人々は過剰とも言える血統主義であるため、古代に袂を分かつたとはいえ、現代までその系統が続いている点だ。 日本人と中国人や韓国人が似ているとか、同じモンゴロイドとかいう次元のルーツではなく、例えば古代にネパール地方に移住したインド人グループが現在まで同一グループで交配してきて残っているような状態だ。縄文人も大陸人もまんべんなくミックスしている日本の感覚で見るとアーリアの血統主義は実に異様である。
番外編
美人編