注目の投稿

ネパールはどんな国?

スマホが変えるネパール人の恋愛とセックス 最後の純ネパール

〜※途上国だからといって貞操観念が低いというのは偏見です。確かに経済に困窮して売春が横行している国もありますが、ネパールは先進諸国よりも高い貞操観念を維持しています。〜

外国人としては貞操観念の強いネパールはその純潔さで世界的に希少価値のあるものに思えるが、これからどうなるもそれはネパールの民の自由。
こちらの記事もあわせてどうぞ:
さて、これまでの記事でネパール人は結婚するまで処女、バージンが当たりまえで、しかも婚前恋愛するということは稀であると書いてきた。(風俗店もあるので男性が童貞なのかは不明) しかしネパールはいまちょうどその文化が変わりそうな時代に来ている。

その理由は二つでワンセット。
一つはスマホがネパールに入ってきたこと、そしてもう一つがスマホの普及でWi-Fiや格安パケット通信が網羅されたことである。
つまり、スマホインターネットのセット。

ネパール ポルノの露呈

スマホの普及でネパールでもインターネットでポルノを視聴できるようになった。ネパールの若い男子には西洋ポルノをダウンロードして入れている人もいる。また、セクシーなグラビア画像などもいれている。実は、ほんの数年前までネパールではセクシーな画像を見ることは不可能だった。キレイなボリウッドの女優のポスターが関の山で、それを見て美しいなあと思っていただけなのが、とたんにインターネットで何でも無料で見放題になった。インドではすでにインド産ポルノが量産されるようになっているが、今後ネパールはどうなるだろうか。

フェイスブックで出会い ネパールの恋愛急増

これもスマホの普及でだが、これまで地域の連帯の強いネパールでは、交際する若者カップルが一緒に外を歩くことは難しかった。未婚の若者の交際など大人たちが認めないからだ。交際していいという感覚がないし、交際するという感覚もない。決まった年になると、結婚して、その相手が生涯の伴侶になる。それがネパールで言うカップルだった。未婚の男女が自分の意思で選んだ相手と手を握って歩くだけで問題となった。若い男女が勝手に交際していると、それを見た住民に追い回され、問いただされたり叩かれるようなことも起きていた。いちゃつき性行為するなど不可能だったのだ。
ところがフェイスブックの登場で若者は大人の監視を受けずに好きな者同士で会話をできるようになった。相手の顔や主張や情報が1ページで分かるし、その相手とチャットもできる。こうして出会い系のような機能を果たすようになった。ネパール人のフェイスブックは自己宣伝がものすごい。まさに、建て前社会で封じられてきた欲求が解き放たれたかのような勢いである。

若者が里を出るのが当たり前になった ネパール社会の変革

つねに村社会で監視されているから交際できない。ときどき若者が村からいなくなると大騒ぎになっていた。今ではネパールでは教育に力を入れ始めている。それで学生は男女共にカトマンズの学校に通うため下宿しているケースがぐっと増加した。そうして地方を出てきた学生たちはカトマンズで生活が一変する。狭い村社会から、誰の監視も受けない都会の生活へ突然変わるのだ。

外国の情報が直入 ネパールとグローバライゼーション

インターネットはあらゆる情報に無濾過で晒されるということである。好奇心旺盛な若者は自分の好みの情報をいち早く、それだけをひたすら閲覧し続けることができる。若者の生活、興味のあることを調べると、即座に外国の若者の生活や興味のあることがズラリと出てくる。そうしてそれを毎日見るうちにそれが自分の基本的価値観にうつってゆく。

ネパールの閉鎖的な田舎でも恋愛婚が増えている。

カトマンズでは恋愛婚が増えているが、いまでは農村でも恋愛からの結婚が増えている。学生時代、同級生と隠れて合うようになり、密会中に性行為まで経験する。そうして学校を卒業すると、娘が親に学業はちゃんと終わらせたから、今度は自分の意思で結婚という選択をとりたいと言って出る。

結婚のアプロ―チを恥じない積極的なネパールの社会

ネパールでは結婚というのは非常に身近なものである。小さなときから文化的行事でそれを学習している。成人か、仕事か、ということ以前に、結婚というのは一人前になる日であり祝福される日である。好きという感情が起こると、結婚するかしないかというチョイスで考えるのはネパールではふつうのこと。そのため、大人が女学生に求婚することも珍しいことではない。先生や家庭教師との恋愛もあるようだ。先生が生徒に告白することもあるらしい。家庭教師での恋愛に発展からの結婚はまあなんとなくあり得る気がする。無垢な学生は年上の頼れる存在に恋心を抱くものだろう。

婚前の性行為は増加している

実際婚前にすでに付き合っていて、セックスもしていた若者カップルが結婚したという話があった。二人は二十歳だった。ネパールではこういったことは珍しいため話題になる。ネパール人は20歳~23歳までにさっさと結婚してしまう。依然として国民の大多数が早い結婚をするのだ。そういったなかで時々、抑制の強い社会であるから逆にいっそう早く一緒になりたいと思う気持ちが高ぶるのかもしれない。
番外編
美人編