注目の投稿

ネパールはどんな国?

世界一カッコイイ山カイラス チベットの秘境 宗教の聖地

世界には美しき山々がたくさんある。パプアニューギニアのウラウン山、ヒマラヤのマチャプチャレ、日本の富士、南アフリカのテーブルマウンテン、などなど他にも沢山 そんな中、これまであまり知られていない山がある。私が最も好きな山。 これほどまでに意味を持ち、貴重性があり、その堂々たるシェイプを誇る巨大な独立峰でありながら。それがカイラスである。 名前までカッコイイ!ヒマラヤ山脈のすぐ後ろ、チベット高原にそびえる独立峰である。 ネパールの北西の端にあるフムラ郡から入境できる。
この偉容である。これが6600mと考えれば、いかにそれが巨大であるかが分かるだろう。とは言え実はこれは4500m級の高地にあるため、平面から見える高さ的には2100mぐらいか。それでも、2100m級の巨大な壁のような佇まいは大迫力だ。新東京タワーが3個余裕で納まる高さだ。
いまだかつて誰も登頂したことがないことから、バージン・マウンテン(処女峰)と呼ぶ者もいる。 トレッカーに熱い視線を注がれ、かつて登山しようとした西洋人の冒険家もいたが、抗議活動を受けて中止。 この山はヒンズー教や仏教の聖地でもあるからだ。特にヒンズー教ではシバ神はこの山の住民だったと言うのだ。実際は付近は無人。広大な領域で言うとチベット人が住んでいる。
別角度から見る山体中央には割れ目が。あるヒンズー教徒はこのなかにシバ神の宮殿があると言う。
番外編
美人編