注目の投稿

ネパールはどんな国?

出会い・恋愛・結婚 マッチドットコムの合理性と有効性

さて、私はものすごく好みにうるさい。
私は妻に出会うまで物凄い時間がかかりました。

恋人は以前もいましたが、結婚したいと思ったことがなかった。
妻に出会って結婚し、今は幸せです。もっと早くこんな女性に出会えていれば良かったかもしれません。


私が結婚して間もなく、友達も結婚しました。 友人は台湾の女性、彼女はドイツ人の男性と結婚しました。 突然のことで驚きでした。 「結婚おめでとう!」
「ありがとう」
「二人はどうやって出会ったの?」
「私たちは・・・えっと、その、マッチドットコムよ。」

「え?あの??」

私はその名前だけは聞いたことがありました。
世界的な出会い系の大手です。
私は出会い系と聞けば無条件にサクラと思い込んでいました。それで言いました。

「え?あれってサクラとかないの?」
「あるかもしれないわね、でも比較的ガチの人が多いのよ。私達以外にも外国ではマッチドットコムでカップリングしてる人いるわよ」

へ~~~~・・・

『外国』でサーチして『カップリング』
うわ~、まさにマッチするコムだな~・・・。
ちなみにその女性は台湾人。旦那さんはドイツ人です。
友人は結婚して今もあっちに住んでいます。

自分の好みで絞り込んで、一堂に並んだプロフを次々に見て行ける
これ以上合理的なことはないなと思ったんです。

よく考えてみたら、お見合いそのものはマッチドットコムとなんらかわらないことなんですよね。

異性の写真を見せられて、そこから会ってみてもよさそうなのを選ぶだけ。

昔から良家の人々でもそうやってお見合いしていたんだし。
恥ずべきことではない。
庶民の自分でもそんなことできるようになったなんて、むしろちょっと贅沢な気がするぐらいかな(笑)

しかもマッチドットコムの場合、ただ自分で漠然と異性を探すのとは違います。
相手も希望するパートナーを探しているということです。

そうして互いのニーズが合う者同士が誰にも知られずにプライベートで会うだけ
こんな簡単で即効性があって合理的なサービスが他にあるだろうか。

実際に見た結果、ちゃんとしてるというのが感想。
もし次にパートナーを探す必要がある場合は必ずマッチドットコムを使うと思う。
番外編
美人編