注目の投稿

ネパールはどんな国?

国際結婚に最適化されたモテる日本人男性と外国人女性の相性 

私は日本の男性は全員外国人の女性と結婚してもいいぐらいだと思う。この記事ではなぜ外国人女性と結婚すると良いと思うのか書いていく。 国際結婚(インターナショナル・メリッジ)は大変というイメージがあるが、そんなことはない。国際結婚が大変と思われている理由は"語学"や"生活拠点をどこにおくか"や"文化の違い"が主にあげられるが、国際結婚した側からこれらをみていくと、たわいもない問題だ。

"語学" 言葉の壁は問題にならない、むしろ有利になる

語学は実はたいした問題ではない。関係を作る上で大事なのはいかに流暢にしゃべれるかではなく、いかに互いがポジティブに思えるようにするかだ。ポジティブに思えるようにするためには、時に語学ができないほうが有利になることもある。語学ができないけど一生懸命に話そうとするという態度は、相手にとてもポジティブな印象を与える。また、語学ができないから、ストレートなアプローチをするのが自然になる。語学ができないからというのは逃避の言葉で、そう言っているうちに自己暗示にかかっている。語学ができても、例えば日本人同士でも、告白できない人はできないのだ。或いは、アプロ―チして避けられたとしても、それはアプローチの仕方に問題があったかもしれない。語学や好みが必ずしも問題であるとは限らないのだ。私は常に、言葉は壁にはならない、むしろ有利になると考えてきた。

"生活拠点をどこにおくか"

実は国際結婚をすると、第2の故郷ができるという利点がある。生活拠点は、好きな方に選べるようになるのだ。また、後から生活拠点を状況に合わせて変えいくこともできるようになる。生活拠点に関しては、あきらかに国際結婚のほうがメリットがあるのだ。

"文化" メインのことではない

文化というものと、人間性というものはワンセットではない。例えば、全世界で文化の違いはあっても、基本的な思考が違うような国はほとんどないと言っても過言ではないということだ。インターネットとスマホが普及した国なら、会話に大した違いはなくなっている。互いに違う文化を持っている相手同士で通常の会話が成り立つというのは、文化の違いは"ポジティブ"なことにもなり得るのだ。メインは人間自身、文化はそれプラスの飾りのようなものである。

文化的要素

外国人

外国人は家族を非常に大切にする。実は外国人女性のほうが母性が強くおおらかで面倒見の良い愛を持っている。先進国である欧米でも、子供の過保護はない。通常外国人はどの国でも小さいころから逞しく生きてるから、かえってしっかり者でいいかもしれない。また、金銭に対してもそれほどうるさくない。考えてみるといいだろう、経済状況に関しては日本人が一番うるさいのではないだろうか。

日本人

文化的な生活が消えてきた現在、文化という面で日本人を一般化して語ることは難しいが、それでも日本人に多い特性としては、テレビ化である。もはやだれと話してもテレビ芸人のような話しか出てこない。ひどいのになると、関西出身でないのに関西弁化。芸人でもないのに話に"オチがないといけない"さらに、"ツッコミを入れないといけない"と本気で思い込んでいる。これも珍しい国だろう。

文化の違いより誤解の横行

よく、文化の違いと言うが、相手の国をどれほど理解しているだろうか。話したこともない国の相手を、「文化が違う」と断ずるのはあまりにもアンフェアであり、自分自身のチャンスを減少させているのではないだろうか。

外国人が受けている誤解

よくある常套句、「外人はキレイすぎて好みの対象になりえない」とか、「でも外人は老けるの早いでしょ」とか、「老けたら太る」とか、「外人は浮気するでしょ」とか「外国人は冷たい、ドライ」とか「どうせマネーでしょ」とか、緊張するとか、外国人に慣れていないとか、言葉が通じないとか、最後の最後までああいえば上祐。
コアにあるのは、「どうせ自分なんて」、言葉の裏側には、外国人とは一生縁がないという諦めがある場合もあるのではないだろうか。 実はこれらは誤解である。

体系の遺伝子は外国人のほうが勝っている。

まず、外国人の間違ったイメージとして典型的なのが、「老けやすく肥りやすい」という考え方。
これはありえない。中年でしっかりと体系キープしてる人もいくらでもいる。食生活では確かに肥りやすいが、それは先天的要因ではない。だいたい日本人が年取るとか、肥るということを気にし過ぎなのだ。結婚し、ある程度の年齢になった外国人たちのありのままの姿は別に何もおかしなものではない。しかも、逆に、健康を気にしなくても日本人ぐらい長生きする人々だっている。健康については後天性の要因もあって、明確には言えないが、少なくとも、体系(骨格や肉の付き方の基礎デザイン)に関しては明らかに外国人のほうが見た目にキレイである。
次に性格や浮気。これも人それぞれでは?だったら日本はどうか考えてみよう。

浮気

日本の貞操観念の低さはどうだったかな?日本人は外国人というと欧米とか、スキャンダラスなアメリカの芸能をイメージするけど、世界の大半は日本などより遥かに堅い貞操観念を持っている。浮気というものは国というより個人の問題で、表面から見えないから統計のしようがない。それでも日本の浮気率の高さは日本人なら周知のことだろう。仮に外国の浮気が多かったとしても、日本もそれと似たようなものかそれ以上であるというわけだ。

性格

「外国人のほうが性格が良いです。」 日本人は外国人の上げ足をとったり、近づきやすい相手とみるや急に馴れ馴れしくなったり、高圧的になるのはやめましょう。

外国人はホントに老けるのが早いか?

そんなことはない。日本人がエージングケアをしているだけだ。これだけCMがありそして実行している国も少ないだろう。そもそも日本人は老ける前からメイクなしでは外も出ないような人もいる。お風呂に毎日入るという行為は確かに日本人の肌質をキレイにしているかもしれない。しかしそれも遺伝的要素からくるものではない。

カネ

マネーの誤解は、金でモテようとする日本人に問題がある。金にもの言わせようとする人物にはそれを必要とする人物しかこないためだ。実際日本のほうが拝金主義者は多い。通常の付き合いであれば、外国人は経済に関係なく良い感じである。現に外国人同士、経済などどこ吹く風とばかりに素朴に生きているではないか。極端な例で言っても、キレイすぎる外国人女性も普通のおっさん、時にはダメ男やブサイクと普通に結婚する。

日本人自身の誤解

日本人は不器用すぎて、大真面目にエロエロ路線に入ったり、開き直って変人ぶって誤魔化すケースが多いが、それらはもったいない話である。まさに「男がすたる」である。日本人は異性と話すときにあれこれ考えすぎている。カッコイイ話題じゃないといけない。言葉ができないとリジェクトされる。習慣が違うと不快に思われる、よって文化が合わない。などなど思い込みも多い。日本人が与えうるポジティブなイメージをまず考えておこう。 日本人というのは三つのイメージを持たれていることは確かだ。 日本男児は暴力を振るわない、大声を出さない、一生懸命な真面目さ・信用。この誠実さを形作る三拍子が評価されている。 現実の日本人男性とはかなりかけ離れていると思いましたか?しかし全員ではないにしても、外国に比べれば日本人の男性にはとても真面目で誠実な人が多いのは確かです。 これは関係を築く上でプラスになることである。つまり、最初からアドバンテージを持っているということだ。 人間最後は「心の平安」、スタビリティこそ生活の基本であるならば、日本男児は「配偶者」としては世界でもトップクラスのポテンシャルを持っているということ。
外国人は顔よりも人間性という初歩的なことを忘れていない。美男美女が多い外国では顔よりも内面が重視されている。もったいないことに、日本人自身が自分の価値に気づかない、或いは自分を過小評価していることも問題ではないだろうか。
さて、ちゃんとすれば日本人男性と外国人女性のカップルは結婚に適していることが見えてきたのではないだろうか。

健康にも良い国際カップル 毎日が脳トレ

以上のように、国際結婚は見たか次第で180度変わる。やっぱりどう考えても外国人女性は美人である。魅力的な外見の異性を見たときの目の芯がグッと締る感覚を覚えているだろうか?毎日それを見るのは健康にも良い。外見がすべてではないが、ずっと見ないといけないという点で、精神衛生上にも良いということは覚えておいておきたい。外国人との付き合いは新鮮さの毎日である。つまり毎日が脳トレ。これも良いことだ。以上のようなところで、日本人男性は外国人女性が向いているし、結婚したほうが色々と良いと考える次第である。
番外編
美人編