注目の投稿

ネパールはどんな国?

ネパール人の彼氏できたら知るべき慣習や文化

さて、日本で一番増えた外国人グループの一つネパール人。
ネパール人は外国人のなかでも顔もスタイルも整っていて、性格も家庭的という点で、さっそく恋に落ちる日本の純心な乙女も多い。
ネパール人男性からしてみても、見ず知らずの異国で、現地の女性に好意をもたれることは心に明るいものを与えてくれるだろう。
素直に嬉しいと思うのではないだろうか。

日本の女性が持つ細やかな気配りは、異国へやってきたネパール人男性の緊張をほどいてゆくのではないだろうか。
日本の女性とネパールの男性が真摯に接していいるうちに、互いに惹かれあうこともあるだろう。
私はかねてより、ひょっとすると日本の女性とネパール人の女性は相性がいいんじゃないかなぁ?っと思っていた。
というのも、ネパールの男性はとても明るく気持ちにゆとりがあるからだ。

日本の社会で日本人女性はプレッシャーにさらされている。
女性の自由という考え方は広がったが、それは同時に、女性に求められるハードルが上がったということでもある。
スタイル化された現代女性象を押し付けられ、そうしないものは遅れた思考である。そんな暗示、心理に駆り立てられている。

優しくて頑張り屋なイケメンが好き―
そんなシンプルな気持ちだっていいはずだ。
別におかしなことではない。

そんななかで、ゆとりがあり、男はオトコ、女はオンナという古典的な価値観を堅持したネパール人男性は、女性を女性として大事に扱う紳士的な態度と、おおらかな包容力で、女性として生きる喜びを与えてくれたり、現代社会から差し向けられたプレッシャーから解放させてくれたりするかもしれない。

ネパール人男性と結婚し、もういっそのことネパールに移住してしまっても良いかもしれませんね。ネパールはなごやかで人間が暖かい国です。

さて、そこで文化の違いを理解し、気を付けておかねばならないことを紹介しておきましょう。
  • ネパールでは部族ごとのルールがあるということ
  • 部族によってはお見合い結婚が多いことも
  • 結婚のさいに、婚姻の届け出を済ませていない可能性があること
  • まれに一夫多妻をしている者がいること
貴女が真剣にネパール人男性に恋をしているなら、失敗しないために以上の3点をしっかりと認識しておきましょう。
以下のネパール事情を簡単に説明しておきます。

・ネパールでは部族ごとでお見合いの結婚がある
ネパールにはカースト制度が存在しました。人々を人種や民族で分離していたのです。よって各カーストにはそれぞれ独自の文化がありました。一つの国のなかでです。日本の中で、A民族、B民族、C民族、D民族、こんなのが大きな民族グループだけでも10種ぐらいあり、さらに小さな民族グループも数十種類、もっと小さな民族グループまで含むと100種を超えていて、それぞれに独自のルールがあるような状態が想像できますか? それがネパールです。
ですから、お付き合いする相手のグループはしっかりと認識しておかなければなりません。どういったルールを持った人々なのか分かっていないとなりません。 ・ある部族によっては慣習にのっとり、結婚はある年齢になるとお見合いで済ませる場合もあります。よって、すでに結婚してしまっている場合もあるのです。
・ネパールでは最近になって、配偶者が死んだ場合などの補助金受け取りなどのために、婚姻届け出が増えてきましたが、それも火急のことではありません。なので、結婚して数年は婚姻届けを出していない場合もよくあります。婚姻で何をすればよいか知らない人までいるのです。つまり実際には結婚しているものの、公的には未婚のままな人もいるのです。ですから、結婚までする場合はしっかりと必要となることを事前に確認しましょう。
番外編
美人編