注目の投稿

ネパールはどんな国?

タカリ族 ネパールのホテル業の代表格

thakali
nepali jati
私の友人のタカリは言った、「ネパールで最初に日本人と結婚したのはおそらくタカリだ」と。
昔からジョムソンを抜けムスタン王国まで旅しに来た日本人達がタカリ族と結婚してきたと言うのだ。真偽は分からないが、そのエリア出身のタカリ人が言うのだから本当なのだろう。現在も日本人と結婚した人が幾人かいると。

王侯カーストであるタクリとは名前が似ているが違う。
タカリ族の容姿、顔は日本人や中国、チベット人と変わらない。スタイルもほぼ同じだ。モンゴロイドの特徴が濃い。
ムスタン王国近辺を出身とする民族グループであり、古くからチベットとインドの交易地点として富を築いてきた。今もネパールで最もまとまりあるコミュニティであると同時に、最も裕福なカーストグループの一つと言われている。 

ネパール人は美味いレストランに行く時はタカリ料理と決まっている。タカリ族と言えば料理が有名で、独自のシーズニングで作る料理かわ美味しいことで定評があるのだ。 私は単に他のレストランが美味くないだけと思うが。

タカリ民族の人口は多くないのだが、都市の外食産業やホテル業では活発的に展開し、いくつものタカリ料理レストラン兼ホテルを見ることができる。ポカラのローカル向けホテルはタカリが非常に多い。またカトマンズのダラハラ塔からシビルモールの裏通り一帯に広がるホテル街はタカリで占められている。

タカリ族は仕事がテキパキしている。ビジネスマインドな人が多いような気がする。一般的なネパール人とは少し違う。タカリ民族のルーツ、地理的、歴史的な背景が関係しているのかもしれない。
ジャーティ(カースト制度)では中流クラス(ヴァイシャ)の階級であるが、ヒンズー教徒ではない仏教徒も沢山いる。タカリの仏教はチベット仏教とヒンズー教を少し取り入れた仏教のニ派がある。

タカリには以下4つの苗字がある。
ゴーチャン
トゥラチャン
セルチャン
バッタチャン

タカリは同階級内には苗字でグループを作っている。 これらの苗字をもとに4つのグループがあるが、各グループ皆平等の地位にある。
タカリの婚姻ルールは、自分と同じグループ(苗字)とは結婚してはならないというもの。(例:ゴーチャンはゴーチャン以外の苗字と結婚できる。)
ムスタン地区、タカリの集まるエリアの近辺にはプンヒルと言うプン族の住む丘陵地帯があり、そこのプン族とは言語も通じ婚姻も許容されてきたらしい。

番外編
美人編