注目の投稿

ネパールはどんな国?

カテシンブ・ストゥーパ|ネパール、カトマンズ、タメルの観光

kathesimbhu stupa
Kathmandu


カトマンズ 時間が無いならカテシンブーストゥーパ(Kathesimbu Stupa)

カトマンズで多く見られるストゥーパはチベット仏教徒が神聖視するドームである。カトマンズに幾つかあるストゥーパの中で、もし近場でそれなりのストゥーパがあるならそれを見ておけば充分だと思うなら、カテシンブーストゥーパをオススメする。この一帯は、記事終盤で紹介する古いストゥーパが幾つかある。

タメル近く チベット仏教の僧院やヨガ・曼荼羅・お土産屋が揃うアクセスの良さ

ほとんどのツーリスト同様にタメルに滞在するなら、カテシンブのストゥーパはダルバルスクエア(ダーバースクエア)に散歩に行く途中に寄ることができる。観光客の多い壮大なストゥーパも良いが、地元の人々に親しまれた憩いの場としての生活シーンもカテシンブーストゥーパでは見ることができる。
規模が違うだけで、世界遺産のボーダストゥーパと同じような敷地内の作りだ。一つの様式美となっている。
動画:実際に歩いてみよう

入場料などはない。ストゥーパの他にも、トップ画像のチベット仏教徒の修道院もある。

立地|カテシンブはカトマンズの旧市街も散歩できるエリア

このカテシンブのあるタメル以南のエリアは路地にびっしりと続く建物が壁のようになっている。これは典型的なネワールの町並みだ。伝統的に建物を繋ぎ合わせていくスタイルがある。


その壁のように連なる街道の建物には時々小さな抜け穴のような通路が発見できる。住人達の通路だ。そこを入っていくと、繋ぎ合わさる建物の中心に中庭を配置した区画が所々にある。人々の生活の場だ。


画像のものは比較的新しい建物に作り変わっているが、非常に古い、昔ながらの広場も幾つか存在している。そのなかには年季の入った味わいあるストゥーパ広場もある。観光客は来ず、現地人も近隣住民しか見ないような場所に、なかなか立派な構造体を見ることができる。こういった生活風景そのものを見て回るのも観光、気付かずにそのまま通り過ぎるにはもったいない。
ネワール人は仏教徒人口も多い。
番外編
美人編