注目の投稿

ネパールはどんな国?

ネパール: チェトリとバウンが身に帯る御守りの日 ジャナイ・プルニマ

jannai purnima
hindu
ジャナイは白い糸で、バウンとチェトリが素肌に袈裟がけする綿100%製。ヒンドゥーでは神聖な紐と考えられている。よって、ジャナイプルニマの前日に、そして当日の朝にもう一度身体を洗い浄めなければならない。
そうして僧侶(僧侶になれるのはバウンだけ)からジャナイを授かる。これが1人前として認められるという意味を持つ儀式だ。
チェトリは僧侶になれることはないが、この儀式を受けることをバウンから許されている。そうしてバウンと共に聖なる紐を持つタガダリ階級としてチェトリも位置付けされる。 ネパールの祭日、ジャナイプルニマ。肩にはジャナイと呼ばれる紐、腕にはドロと呼ばれる紐を結び、神の加護を受ける日。この日だけは各区画にあるヒンズー教の寺に僧侶がやってきて、あらゆるカーストの人々が集まり紐を授かる。
プルニマはネパール語で"満月の日"を意味する。西洋カレンダーで7月の下旬にある。 ネパールでは独自の暦が今もって用いられていて、これを西洋歴に正確に当てはめることはできない。 ドロは黄色と赤の糸で、男性は右手首、女性は左手首に巻くらしいが、私が見たところ、個人の好みで左右自由に巻いていた。
これらの糸はティハール(tihar)の行事の一つであるガイプジャ(牛を崇拝する日)にはずして牛の尻尾に巻きつける。こうすることで、ヒンズー教の宗教観では死後の世界で三途の川を渡るときに、牛が助けてくれると信じられているからだ。
牛はヒンドゥーでは神聖なる生き物だ。
番外編
美人編